Home > BLOG Root

Mook Hayabusa Complete Guide

Posted by Ken at March 11,2014

2013年は零戦を題材にしたメジャーな映画が2本も公開されたとあって、日常生活の中で「ゼロセン」という単語を耳にすることが多くなりました。今回ご紹介するのは、その零戦と同時期に活躍した「陸軍一式戦闘機・隼」のムック本です(株式会社ダイアプレス発行、定価743円+税、2014年2月22日発売)。私はこれをコンビニで入手。

▲ Hayabusa Complete Guide by DIA PRESS Co., Ltd.

なんといっても、この装丁(そうてい)がいいですね!非常にスタイリッシュ。私はこれで本書を買ってしまったようなものです(笑)。中身もすっきりしていて、とても読みやすい構成です。本書では飛行第64戦隊、通称「加藤隼戦闘隊」の活躍を中心に、主要な7つの戦いを取り上げています。

ただ、ざっと目を通しただけでも3箇所、間違いがありました。

▲ 28ページ、プロペラの箇所。写真とキャプションに相違あり。

■キャプション:隼1型のプロペラ。2枚羽のプロペラが1型の特徴だった。
→ 写真は、九七式戦闘機の機首。

■キャプション:2型以降は3枚羽のプロペラになった。
→ 写真は、零戦21型の機首。


▲ 44ページ、フライング・タイガースの写真とキャプションに相違あり。

■キャプション:フライング・タイガースのP40は英軍に供与される予定だった機だった。機首に「シャークティース(鮫の歯)」がペイントされていた。
→ 写真はP-51の機首。


機種をご存知の方がみれば一目でわかる痛恨のミス。こういうことがあると他の箇所もミスがあるかもしれないと疑心暗鬼になってしまいます。初心者向けのムック本ではあっても、しっかりと校正すべきです。

ともあれ、本書は隼の戦歴を一通り押さえてあり、入門書に最適です。もう少し突っ込んだ記述が欲しくなった時は、大日本絵画出版のオスプレイシリーズや梅本氏の著作をチェックされると良いでしょう。

コンビニでこのような書籍が手に入る良い時代になりました。興味のある方はチェックしてみては如何でしょうか?

出版社のムック本紹介ページです。
Category Tag: Book
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=243
Page Top ▲

 

Hobby Master F-35A Diecast Model

Posted by Ken at March 10,2014

Hobby Master「F-35A アメリカ空軍 第412試験航空団 第461試験飛行隊 2013年春」のご紹介です(2014年2月リリース、1/72スケール ダイキャストモデル)。

▲ F-35A 461st FLTS, 412 TW, Spring 2013 by Hobby Master

アウトラインは実機の特徴をよく捉えており、細部までよく作り込まれています(一部に誇張された表現があったり、公差が大きいところはありますが)。 塗装やマーキング類もそつがなく、HMスタンダードな出来と言えます。

F-35Aは空自も採用を決めたばかり。 日本市場を意識したHMのリリース履歴から、今後この金型を使った空自仕様モデルのリリースも期待出来そうです

モデルレビューはこちらから。
[モデルレビュー Model Review]
F-35A 461st FLTS, 412 TW, Spring 2013 by Hobby Master

ノースロップ・グラマンの公式動画がYouTubeで公開されています(日本語版)。「EO DAS(イー・オー・ダス)」というセンサーシステムの紹介ビデオです。これは機体に取り付けられた6つのIR(赤外線)センサーにより、HMD(Head Mounted Display:頭部装着ディスプレイ)越しに360度全方位を見渡せるというもの。

このシステムのおかげで床越しに下方を見たり、主翼や機体越しに後方を確認することも出来るわけで、従来のキャノピー越しに見える限られた有視界情報に比べ、格段に多くの情報をパイロットにもたらすことになります。

日本語版の妙に熱いナレーションにはちょっと吹いてしまいますが(苦笑)、とにかく驚くことばかり。お手すきのときにご覧になってみてください。

Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=242
Page Top ▲

 

Review of The CORGI's Bf109G-2 (AA27102A) Part 2

Posted by Ken at February 01,2014

CORGI社製ダイキャストモデルBf109G-2簡易レビューPart2です。

▲ AA27102A on the Dragon's diorama base
Dragon社のディオラマベースにモデルを配してみました。

▲ This diorama base is really cool! I love it!
このディオラマベースは雰囲気があっていいですね。

▲ Dragonwings 1./JG51 Me109E-3 & Kubelwagen "Battle of Britain"
ディオラマセットのボックスデザインです。Dragon社のディオラマシリーズは精密かつ雰囲気たっぷりでオススメです。

▲ It is interesting to compare the CORGI's model and the Witty's.
同スケールのモデル(例えばWittywings製品)と、その造りや塗装の違いを比較するのも楽しいものです。

以上、CORGI社製ダイキャストモデルBf109G-2簡易レビューでした。Part1からのお付き合い、ありがとうございました。


【追記 2014年2月16日】詳細レビューをアップしました。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=241
Page Top ▲

 

Review of The CORGI's Bf109G-2 (AA27102A) Part 1

Posted by Ken at January 31,2014

CORGI社製ダイキャストモデルBf109G-2簡易レビューです(2013年9月リリース)。

▲ Corgi Aviation Archive Series Diecast Model
Messerschmitt Bf 109 G-2 "Yellow 1", Oblt. Hermann Graf, Staffelkapitan 9./JG 52, Luftwaffe, Pitomnik Airfield, Russia, September 1942 (AA27102A)
こちらは新金型のグスタフ(Bf109G型の愛称)、リリース第2弾となります。

▲ The overall shape of this model is good! Awesome!
その全体形状はまさしくグスタフ!素晴らしい出来です!

▲ The camouflage markings and paint schemes are great as well.
カモフラージュの塗分けや塗装の質感、マーキング類の再現度もまたグレート!

▲ The mottling on the fuselage sides were not bad.
W.W.IIドイツ機の特徴的な斑点迷彩も及第点です。

▲ The main gear fitting is not so good, but it's setting angle is right.
主脚のフィッティングはあまり良いとは言えませんが、その取付角度は正確です。「主脚の微妙な取付角度」は、地上姿勢におけるメッサーの特徴とも言えます。これをきちんと再現してくれたことに感謝!

▲ Around the tail wing which is painted score markings.
尾翼周りの様子。パーツ間の隙間が目立ちますが、実機のモールドと本モデルのパーツ割が一致しているので、それほど違和感はありません。尾輪の長い脚柱が玉に傷。

▲ This model is beautiful in landing position. I love to display in this position.
このモデルは駐機姿勢が本当に美しく、この姿勢で飾るのが好きですね。

▲ Display in the flying position
飛行姿勢でディスプレイ。

▲ Display in the flying position

ざっと駆け足で見てきましたが、如何でしたでしょうか。

新金型のメッサーは既存のモデル(Dragon社製品)で不満のあった個所をすべてクリアしており、私としては大変満足のいくものでした。2014年1月現在、本モデルは入手困難となっているようです。気になる方はお早目の入手を!








Product Maker:© 2013 Hornby Hobbies Limited
Product Series:CORGI The Aviation Archive
Product name:Item Code: AA27102A
Messerschmitt Bf 109 G-2 "Yellow 1",
Oblt. Hermann Graf, Staffelkapitan 9./JG 52,
Luftwaffe, Pitomnik Airfield, Russia,
September 1942
Model Scale:1:72
Release date:Sep. 2013
Price:6,300 yen in Japan
Notes:Limited Edition of 1,800 Models Worldwide

*This review will continue to Part 2.
パート2へ続きます。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=240
Page Top ▲

 

HM P-47D (HA8402) Review by Collector "Y"

Posted by Ken at January 30,2014

コレクターYさんによるエアモデル・レビューを、ご本人の許可を得てここに掲載致します。レビューモデルは、「Hobby Master 1/48 Air Power Series HA8402 P-47D Thunderbolt Lt Col Benjamin Mayo, 82nd FS, 78th FG Duxford Air Base, 1944」となります。

以下、レビューです。
HMのP47です。
駐機撮影のため主脚と尾輪のみ組み、細かい部品は組まずに撮影しました。大柄なので凄い重量感ですが、主脚がしっかりしているので安心です。

▲ 1/48 Scale Die-cast Model P-47D by Hobby Master


単純なシルバー塗装なので、スケールにしては単調な仕上がりですね。1/72ならこれで良しですが、もう少し何とかして欲しいところです。

▲ Planview of HM's P-47D


パネルラインは、カラーがシルバーのため陰影がはっきりして太めに見えますが、細く見えると逆にのっぺりしてしまうのでこれがバランス的に良いところでしょうか。

▲ Closeup of the cowling


カウルのチェック柄がやたらシャッキリして見えますが、ストライプと同色なので、良いアクセントとなっていて全体的にはおかしく見えません。印刷も精巧で細かい文字まで読めそうです。

▲ Left side of this Model


キャノピーの胴体への合わせは良い感じですが、残念ながらスライドは出来ない構造で、各部可動部が少ない、と言うか無いです。

率直に言うと、ちょっとつまらない感もあります。欲を言えば、パネルと可動部のラインの彫りにもっと深浅の変化を付ければ更に良いモデルになったはずですね。

▲ Bubble canopy is fixed on the body


量産品の模型であると言う事を考えれば、フォルムも良く重厚感がある良い仕上がりだと思います。そのアメリカンな機体の存在感はP47ならではですね。

▲ Invasion stripes were painted on the body
以上、コレクターYさんによるHobby Master社製P-47Dレビューでした。

私自身は、ディスプレイ・スペースの関係から1/48エアモデル蒐集からは手を引いてしまいましたが、同スケールは、W.W.II単発機に最適なサイズだと思います。

メーカー側、ショップ側の宣伝写真やキャッチではなく、コレクター自身が公の場でモデルを評価する(レビューする)機会がもっと増えるといいのになあと思います。そういったコレクターの声がメーカー側に届き、フィードバックされたNewモデルがリリースされる。そしてまたコレクターがこれらを購入しレビューをする。

このようなサイクルが確立されれば、コレクターのニーズに応えた良質なモデルが市場に出回るようになるのではないか、と考えています。

Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=239
Page Top ▲