Home > BLOG Root

★健康のためにガスマスク着用を!

Posted by Ken at September 29,2007



数年前、翼コレクションを立て続けに何機も組んだ時に、瞬間接着剤で喉を痛めてしまいました。病院でお薬をもらい、2週間それを飲み続けてやっと快方に向かった、という苦い経験があったので、今回翼コレを組む時は万全の態勢でこれに臨もう、ということで購入したのがコレです↓


▲シゲマツ・直結式小型防毒マスクGM77(吸収缶CA-710と併せて2,329円)

有毒なガスや蒸気から人体を守る目的で開発された小型ながらも本格的な防毒マスクです。で、早速使ってみたのですが、コレがなかなかいいのです。

何よりもいいのは、瞬接の刺激臭から完全に呼吸器系を保護してくれる、ということ。これは実にたのもしい限りです。にも、関わらず、呼吸はそれほど苦しくありません(若干の息苦しさはありますが我慢できる程度です)。

シンナー等の有機溶剤を使う場合は、まず換気をしっかりと行なうことはもちろんですが、こういったモノも併用してご自身のお体をしっかりとプロテクトして下さい。

あと、同居人への気配りも忘れずに(コレかなり重要です、いろんな意味で)。

ガスマスク・メーカー:株式会社 重松製作所
ガスマスク購入先:マスク専用ホームページ Mask.jp
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=43
Page Top ▲

 

★デカールの耐久性

Posted by Ken at September 27,2007



最近のダイキャストモデルはマーキング類もタンポ印刷(曲面に印刷する技術/ラバー製のハンコのようなものをモデルに押し付けてプリントする技法/ミニカーではよく使われる手法です)の精巧なモデルが多くなってきており、喜ばしいことです。

その一方、プラモデルと同じようにデカールを使用しているモデルもまだあります。

プラモデルの場合はその製作過程で「オーバーコート」という、デカールとモデル下地塗装面の艶を整え、併せて段差をなくす為の処理を行うことが多いのですが、ダイキャストモデルではそのような処理をメーカー側で施すことはありません。

デカールが剥き出しなのですから、心配なのはやはりその褪色と剥離です。その経年変化を最小限に抑える為、コレクター自身がダイキャストモデルにオーバーコートするのもひとつの手です。しかしそれは同時にモデルのオリジナル度を下げ、金属の質感を損ねてしまうことにもなります。

マーキングにデカールを使用する限り、常に付きまとう「褪色と剥離」の問題。その予防は「オーバーコート」なしではなかなか難しいものがありますが、一旦剥れたデカールを補修することは可能です。

個人的に親交のあるコレクターYさんによる「ダイキャストモデルのデカール剥離補修」レポートを本サイトに掲載しています。

More Fun ! > Maintenance > Decal Repair Work

興味のある方は覗いてみて下さい。
Category Tag: Maintenance
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=42
Page Top ▲

 

★コラージュのススメ

Posted by Ken at September 25,2007



模型を使ってコラージュを作るのが好きです。

コラージュの元々の定義は「新聞・布片・針金など絵の具以外のものを様々に組み合わせてキャンバスに貼りつけ、特殊な効果を出す現代絵画の一技法」ですが、これを写真に応用したのがフォト・コラージュ(Photo Collage)です。

最近では、フォト・コラージュはコンピューターを使って製作するのが一般的です(デジタル・フォト・コラージュ:Degital Photo Collage)。

私の場合は、模型の写真と背景画像を組み合わせて情景写真を制作します。いわば「バーチャル・ジオラマ」です。コラージュの制作過程については、以下のページをご参照下さい(別ウィンドウが開きます)。

More Fun ! > Making CG

その世界観を作り上げるのに大きな役割を果たす「背景写真」は、自身で撮り溜めた写真ストックやウェブ上の素材等を使います。後者の場合、お世話になることが多いのが以下のサイト。

ゆんフリー写真素材集

ゆんさんが運営される上記サイトでは、高解像度・高品質の写真素材を惜しげもなく提供されています。

ということで、貴殿も魅惑のコラージュの世界に足を踏み入れてみませんか?
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=41
Page Top ▲

 

★コンビニ流通系模型コーナー新設予定

Posted by Ken at September 23,2007



これまで拙サイトでは、ダイキャストモデルをメインでご紹介してきましたが、この度新たに「Trading Figures」コーナーを新設し、コンビニ流通系模型もご紹介することにしました。

新コーナー開設に向け、現在少しずつ準備を進めています。


▲童友社・翼コレクション第11弾スペシャルを制作の図

コレクション対象をミリタリー系航空機模型に絞り込んでもなお、本サイトがカバー出来る範囲は限られてきますが、ダイキャストモデル・コレクターの視点で何らかの情報発信が出来ればいいな、と考えています。
Category Tag: Easy_Build_Kit
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=40
Page Top ▲

 

★男は世界の再現を試み、女は心地よい世界を望む

Posted by Ken at September 17,2007



「コレクター」と「「悩み」という二つのキーワードでググっておりましたら、以下のページがヒットしました。

男心と女心 コレクター魂

心理コーディネーター、織田 隼人氏運営のブログで、男女間の心理の違いをわかりやすくまとめてらっしゃいます。

「そっか、男は世界を再構築したいからジオラマなんかがすきなんだ」と合点がいった次第です。自分自身を客観視する上で、また周りの女性陣を理解する上で非常に有用なブログだと思います。ぜひ他の記事にも目を通されてみて下さい。

ジオラマの話題が出たところで、模型ファン必見のサイトをもうひとつご紹介。

ジオラマ★マニアサミット - BIGLOBEストリーム 無料動画サイト

カリスマジオラマ師・山田卓司氏をはじめとする「その道のプロ」の技を存分に堪能出来ます。こちらもぜひご覧になってみて下さい。

P.S.
一昔前までは「ジオラマ」もしくは「ディオラマ」という表記で通っていたはずですが、最近は「ダイオラマ」なんて言い方をするようになりましたね。現在この3つの表記が混在しているような状況です。
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=39
Page Top ▲