Home > BLOG Root

★LED Light Diorama with Case 1/72 Scale

Posted by Ken at September 07,2010

Delta Groove より販売中のLEDライト付きディオラマケースのご紹介です。


▲ 1/72 Delta Groove Prandtl-Glauert Singularity NAVY 14,800yen


▲ 部屋の明かりを落としてLEDライトを発光させた様子。


▲ 幻想的なインテリア、といった趣です。


▲ ネームプレートとLEDライトのスイッチ。ネームはオーダーで変更出来るとよかったのですが。


▲ ディフレクター(ジェット排気遮蔽板)のジャッキ(油圧シリンダー)は付属せず。
(本レビュー中のディフレクターとジャッキは Dragon 社製品より拝借したもの)。


▲ 鑑賞する角度によってはLEDが放つ光がアフターバーナーの炎のように見えたり。


▲ 暗闇での撮影は困難を極めました。写真がピンボケなのはご勘弁。


▲ 時にはこのように粒子が粗くなりすぎることも。でも本物っぽく見えませんか?

ということで Delta Groove 製品の簡易レビューでした。

写真のダイキャストモデルは Centurywings F-14 VF-84 です。今回ご紹介した商品には付属しません。本サイト常連さんには不要な説明ですが念のため。

 ★本商品入手先
DeltaGroove ストア 商品ページ


Related Entry:On the deck
Category Tag: Display
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=138
Page Top ▲

 

【ブック・レビュー】 祖父たちの零戦

Posted by Ken at August 29,2010

元零戦搭乗員への取材をライフワークとされる神立尚紀(こうだち・なおき)氏。本書は同氏が著したもので、1995年から始まった関係者への取材の中でも多くを語った進藤三郎氏、鈴木實氏のお二人にスポットライトを当てた証言集となっています。


▲ 祖父たちの零戦/講談社 (2010/7/21)/単行本:426ページ/1,890円

空の闘いの実相、戦後のあらたな人生、そして再び空へ帰る日(天国へ旅立たれる日)までを克明に追っています。その虚飾を排した真実の物語には心を揺さぶられました。

坂井三郎氏の名著「大空のサムライ」誕生秘話についても多くのページが割かれています。伝説化された坂井氏のことしか知らなかった私としては、少々ショッキングな内容でしたが、何よりも真実を知ることが出来たのは大きな収穫でした。


▲ 童友社・翼コレクションの零戦を傍らに置いてイメージングの助けとします。

多少の脚色はやむなしと商魂逞しく筆を走らせる人がいる一方、丹念に取材を積み重ね整合性を取りながら慎重に筆を進めていく神立氏のような方もいらっしゃる。

何よりも真実が知りたい私にとって氏の姿勢には非常に共感を覚えます。人を感動させるには真実だけでいいんです。ねつ造はいらないのです。

晩年、病床に伏せる鈴木氏と奥様との会話のシーンでは、あふれる涙を抑えることが出来ませんでした。

励ます代わりに隆子は、
「あなた、もしも生まれ変わったら何になりたいですか?」
と問うてみた。鈴木はちょっと考えて、
「そうだな、俺は鳥になりたいなあ。鷲のような大きな鳥になって、また自由に空を飛んでみたい」
と、目を細めて答えた。
「空を飛ぶなら、飛行機はどうですか?」
重ねて聞くと、
「飛行機か…。零戦は実にいい飛行機だったよ。零戦ならもう一度、操縦してみたいな」
苦しそうな息づかいながら、すぐにでも操縦したいような口ぶりである。
引用:第八章 蒼空より

国のために懸命に闘い、必死に生きた世代の想いを、我々孫の世代は、決してないがしろにしてはいけないんだ。しっかり受け止めて、そして次代へ繋ぐ努力を私なりにしてみよう。

そう固く心に誓った休日の昼下がりでした。
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=137
Page Top ▲

 

★COOL! MACROSS TOY

Posted by Ken at July 19,2010

購入はしたものの、慌ただしい毎日で開封もせず仕舞いこんでいたマクロス変形TOY(YAMATO製品)。

少し時間が作れたので、説明書を見ながらガチャガチャ遊んでみました。


ファイター・モードの次に好きなガウォーク・モード。ウェザリングがいい感じです。脚もちゃんと八の字立ちできるんですね、すごいなー。

3時間ほど我を忘れて夢中で遊んでました(笑)。しかしその緻密な機構ゆえ、変形には手間取ってしまいましたよ、かなり。

特に「ガウォーク → バトロイド」の変形が難しく、途中で挫折(情けないぞ)。

また来週、挑戦してみます。

P.S.
スケールモデルのレビューはもうしばらくお待ちください。こちらのほうは資料の見直し、写真撮影、編集、キャプション、HTMLコーディング等々、やるべき作業が多すぎて。目の肥えたコレクターさん達のお目にかなうようなコンテンツにするには、それなりにエネルギーを注ぎ込まなければいけないのです。
Category Tag: New_Model
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=136
Page Top ▲

 

★Restart of the dragon warbirds!

Posted by Ken at July 11,2010

Dragon Warbirds Series が完全復活するようです。

 ★Dragon Models USA Site
LEGENDS OF AVIATION WARBIRDS 2010-2011 COLLECTION

興味深いラインナップです。2010年の Warbirds Series には期待出来そうですね。
Category Tag: Brand
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=135
Page Top ▲

 

★Lone Spitfire by Gerald Coulson

Posted by Ken at June 20,2010

私事で恐縮なのですが、実は転職致しまして、慌ただしい日々を過ごしております。
そんな中、心の安らぎが欲しくて航空絵画のポスターを買い求めました。


▲ Lone Spitfire Art Poster Print by Gerald Coulson
  70 x 50 cm / Wood Mounted Service / Total: ¥12880

本来なら手が出ない価格帯の航空絵画ですが、ポスターのセール品ということもあって購入してみることに。ポスターにパネル加工を施してもらい、トータル12,880円。


▲ プリントに厚い板が裏貼りされ、ワイヤーハンガーが付属します。

これは引越先のアパートに持っていくつもり。クタクタに疲れて帰宅した私に、ひと時の安らぎを与えてくれることになりそうです。

ここ1~2ケ月は仕事に集中していきます。モデルレビューは出来ませんが、BBS は引き続き開放致しますので、これからもよろしくお願い致します。


 ★本商品入手先
オールポスターズ- 世界最大級のポスター、絵画販売専門店!
スピットファイアー プリント - ジェラルド・カウルソン
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=134
Page Top ▲