Home > BLOG Root

Now, I'm rebuilding this site.

Posted by Ken at July 22,2014

現在、本サイトをバージョン3(レスポンシブデザイン)にすべく鋭意作業中です。テスト的に最新のモデルレビューページのみ新バージョンを適用してみました。

Now, I'm rebuilding this site for Ver.3 (responsive web design). I made 3 model review pages for testing purposes like the followings.

Category Tag: Web Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=247
Page Top ▲

 

I'll redesign my website until June.

Posted by Ken at April 30,2014

近日中に、ウェブサイトのデザインを一新する予定です。

現在のサイトデザインは、旧モニターの解像度にあわせてサイト幅を狭くしており、昨今の幅広サイトと比較すると見づらく、古臭いものになっています。またモバイル環境に対応していないため、スマホから閲覧がしづらい状態です。

これをレスポンシブ(※)にして見やすくしていきます。6月までにはなんとかカタチにしていきたいです。

※レスポンシブ・デザイン
表示するデバイス(PC、タブレット、スマホなどwebを表示する機械のこと)にあわせてサイト幅やコンテンツレイアウトを最適化して表示する仕組みを実装します(組み込みます)。

▲ I am in the middle of renewing my site (Ver.3).
現在、プロトタイプを作成中(Ver.3)。
Category Tag: Topic Web
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=246
Page Top ▲

 

Filling the cockpit -Aviation 72's Viggen-

Posted by Ken at April 14,2014

Aviation72「サーブ・ビゲン」の「がらんどう」コクピットにアフターパーツを組み込んでみました。

【注意】
モデル破損のリスクがあります。下記作業を行う場合は自己責任でお願いします。

[CAUTION]
If you do the following work, you should own risk of damaging the model.

▲ Canopy can be easily prised off with a thin blade.
キャノピーは先の尖った刃物で簡単に取り外すことが出来ます。

▲ The cockpit without canopy.
キャノピーを取り外した状態。

▲ Removing the seat by tilting it forward.
シートを前方に倒して取り外します。

▲ The cockpit without canopy and seat.
シートを取り外した状態。

▲ After market part for the Aviation 72 Saab Viggen (*1)
Aviation 72 ビゲン用のアフターパーツです(※1)。

▲ Ready painted and assembled cockpit with pilot figure.
本パーツは塗装済み完成品として提供されています(フィギュア付)。

▲ Installing cockpit tub in the diecast body.
バスタブ型のコクピットをダイキャストボディに組み込みます。

▲ The cockpit part is set in the body.
コクピットを組み込んだ状態です。

▲ Set the canopy (*2)
キャノピーを取りつけます(※2)。

▲ The work is finished.
作業完了です。

*1: Custom interior for the Aviation 72 SAAB Viggen AJ37
I got this item by eBay auction.
※1: Aviation72ビゲン用のカスタム・インテリア
本パーツはeBayにて入手しました。

*2: Temporary assembly
I'll set the HUD which is from another plastic airmodel.
※2: プラモデルからHUDを流用するため、キャノピーは仮組み状態です。
以上、アフターパーツ組み込み作業でした。

Category Tag: Customizing
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=245
Page Top ▲

 

Aviation 72 Saab AJ37 Viggen Diecast model

Posted by Ken at March 31,2014

Aviation 72「サーブ ビゲンAJ37 スウェーデン空軍 フェアフォード基地 1995年 #7/57」のご紹介です(2013年10月リリース、1/72 ダイキャストモデル)。

▲ Saab AJ37 Viggen Swedish Air Force 57-7 1995 by Aviation 72

製品リリースのアナウンスから待たされること2年半。 ビゲン・ファン待望のダイキャストモデルです。そのフォルムは実機を的確に捉えており、塗装に関しても複雑な森林迷彩パターンが色味よく緻密に再現されています。

不満な点もありますが、そこはカスタマイズで乗り切ることにしました。 カスタマイズする箇所は大きくわけて2つ。「コクピットの組み込み」と「兵装類のリプレース」です。 こちらは後日レポートの予定です。

モデルレビュー(カスタマイズ前のノーマル・モデル)はこちらから。

まるでダンスを踊るように飛翔するビゲンの動画。その機動性の高さがうかがい知れます。お手すきのときにご覧になってみてください。

Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=244
Page Top ▲

 

Mook Hayabusa Complete Guide

Posted by Ken at March 11,2014

2013年は零戦を題材にしたメジャーな映画が2本も公開されたとあって、日常生活の中で「ゼロセン」という単語を耳にすることが多くなりました。今回ご紹介するのは、その零戦と同時期に活躍した「陸軍一式戦闘機・隼」のムック本です(株式会社ダイアプレス発行、定価743円+税、2014年2月22日発売)。私はこれをコンビニで入手。

▲ Hayabusa Complete Guide by DIA PRESS Co., Ltd.

なんといっても、この装丁(そうてい)がいいですね!非常にスタイリッシュ。私はこれで本書を買ってしまったようなものです(笑)。中身もすっきりしていて、とても読みやすい構成です。本書では飛行第64戦隊、通称「加藤隼戦闘隊」の活躍を中心に、主要な7つの戦いを取り上げています。

ただ、ざっと目を通しただけでも3箇所、間違いがありました。

▲ 28ページ、プロペラの箇所。写真とキャプションに相違あり。

■キャプション:隼1型のプロペラ。2枚羽のプロペラが1型の特徴だった。
→ 写真は、九七式戦闘機の機首。

■キャプション:2型以降は3枚羽のプロペラになった。
→ 写真は、零戦21型の機首。


▲ 44ページ、フライング・タイガースの写真とキャプションに相違あり。

■キャプション:フライング・タイガースのP40は英軍に供与される予定だった機だった。機首に「シャークティース(鮫の歯)」がペイントされていた。
→ 写真はP-51の機首。


機種をご存知の方がみれば一目でわかる痛恨のミス。こういうことがあると他の箇所もミスがあるかもしれないと疑心暗鬼になってしまいます。初心者向けのムック本ではあっても、しっかりと校正すべきです。

ともあれ、本書は隼の戦歴を一通り押さえてあり、入門書に最適です。もう少し突っ込んだ記述が欲しくなった時は、大日本絵画出版のオスプレイシリーズや梅本氏の著作をチェックされると良いでしょう。

コンビニでこのような書籍が手に入る良い時代になりました。興味のある方はチェックしてみては如何でしょうか?

出版社のムック本紹介ページです。
Category Tag: Book
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=243
Page Top ▲