Home > BLOG Root

★ビールを飲みながら・・・

Posted by Ken at April 01,2007



ビールを飲みながら「いいあんばいで」モデルの整理をしておりましたら、やってしまいました・・・。マッチボックスのP-40(フライングタイガース2色迷彩)を落っことしてしまい、キャノピー、プロペラ、燃料タンクを破損してしまいました(大泣)。

お酒をちびちび飲みながら模型製作をされる強者モデラーもいらっしゃいますが、人間やはりアルコールが入ると、注意散漫になり意図せず手元が狂ったりしますので、こういう時はただ鑑賞するだけにとどめておいたほうがよろしいかと。後悔先に立たず。皆さんもお気をつけ下さい。
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=29
Page Top ▲

 

★戦闘妖精雪風

Posted by Ken at March 28,2007



「戦闘妖精雪風」というスカイ・アクション・アニメがあります(神林長平原作)。戦闘機の機能美を理解出来る方ならきっとハマるに違いない、そんな作品です。以下のサイトでプロモーション映像を観ることが出来ます。

バンダイチャンネル 戦闘妖精雪風

アニメーションのほうは原作とは少し違った内容となってしまい、コアなファンの顰蹙をかってしまいました。実は私もブッカーと零のからみの演出はどうも妖しい雰囲気いっぱいで好きになれません(苦笑)。しかしそれでもCGで精緻に造り込まれた戦闘機が大空をダイナミックに舞う映像には目を奪われます。

劇中に登場する特殊戦機「スーパーシルフ」がイエローサブマリンから1/144スケールの完成品としてリリースされています。売り切れになって久しかったのですが、今年1月これがフライングVer./ランディングVer.ともに再販されました。

ランディングVer.はまだもっていないので、買ってみようかなあと思っています。以下の写真は手持ちのフライングVer.です。

1/144スケール・スーパーシルフ・フライングVer.

航空機のデザインは山下いくと氏(エヴァンゲリオンの)。スーパーシルフ(初代雪風)については現用機チックで、航空機ファンにとっては受入れやすいものです。メイヴ(二代目雪風)は前進翼でよりSFチックなフォルム。機首で渦流(乱流)が発生しそうなカタチですが、カッコイイから、アニメだからいいんです(笑)。

現用戦闘機に興味のある方は一度見てみて下さい。
Category Tag: Anime
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=28
Page Top ▲

 

★ミニカー・コレクターに学ぶべきこと

Posted by Ken at March 22,2007



エントリーからコアなマニアまで層の厚いホビーのひとつに「ミニカー・コレクション」があります。私はカー・コレクターのサイトもよく拝見しますが、ジャンルこそ違え、学ぶことが多いです。その中でも白眉なのが、以下のサイトです。

Nostalgic Patrol Cars

管理人さんは、パトカーの収集に徹底的にこだわっていて、そのコレクションを系統立てて解説されています。また、ためになるコンテンツがてんこ盛りです。「体験的ミニカー論」は勉強になりましたし、「ディオラマ館」では、精巧なディオラマを堪能することが出来ます。

上記サイト、ぜひ一度ご訪問されてみて下さい。
Category Tag: Collection
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=27
Page Top ▲

 

★ストラトス・フォーの模型

Posted by Ken at March 20,2007



ストラトス・フォーをこの欄でご紹介してから、「市販されている模型はあるんですか?」というご質問を受けましたので、私のわかる範囲でお答えします(キャラクターフィギュアは除きます)。

1.DVD初回特典付属(括弧内は巻名)
 (1) TSR.2MS (X-1)
 (2) ストラトス・ゼロ (X-2)
 (3) MiG-31MS (アドヴァンス2巻)
 (4) Yak-28MST (アドバンス4巻)
 (5) 空中発進型迎撃機-TYPE-559MS (アドヴァンス5巻)
 (6) ランチパッドトレーラー&TSR.2MS
   (アドヴァンス完結編 CODE207&CODE208)

2.キャラホビ2004限定アイテム
 (1) ストラトス・ゼロ SAC-0
 (2) TSR.2MS 下地島迎撃基地祭塗装機
 (3) TSR.2MS ボスコムダウン所属機

3.キャラホビ2005限定アイテム
 (1) MiG-31MS プロトタイプ1号機
 (2) MiG-31MS プロトタイプ4号機

4.バイス限定アイテム
 MiG-31MSオーストラリア・ティンダル迎撃基地所属機

以上、ストラトス・フォー関連の航空機モデル・リストでした。

CORGI社がTSR.2(TSR-2)のダイキャストモデルをリリースしてくれるといいのになあ・・・。で、Limited Edition(Japanese Anime Edition?) としてメテオスイーパー仕様を出してくれたら・・・、なんて妄想してます(笑)。
Category Tag: Anime
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=26
Page Top ▲

 

★こんな風に楽しんでいます

Posted by Ken at March 18,2007



好きなモデルを好きなように飾り、コーヒーをすすりながら(ビールを飲みながら)それらを眺める時間は、私にとって至福のひとときです(あまり人に見られたくない光景ですが、苦笑)。

飾り方は同ジャンル・同スケールのモデルを並べて飾るだけ、という極めてシンプルなもの。ただ、モデルを所狭しとごちゃーっと並べるだけではなく、一機一機が映えるよう留意して飾ることにしています。その光景は恥ずかしながら以下のページで公開しておりますので興味のある方はちょっと覗いてみて下さい。

More Fun ! > Display Room (別ウィンドウで開きます)

蒐集したモデルが部屋のキャパをとうに上回っており、現在元箱に収まっているモデルがディスプレイしてあるモデルよりも多いという情けない状況です。仕方がないので時々モデルの入れ替えを行って気分転換しています(ダイキャストモデルには丈夫かつモデルにジャストフィットな梱包箱がついてくるので収納には困りません)。

また、随時コレクションの整理も行います。眺めているうちにだんだんと輝きを失ってしまったもの(要するに飽きてしまったもの)、またお金とディスプレイスペース節約のため、魅力的な製品群にもかかわらずコレクションから外してしまうモノ、などなどです。

不本意ながら、戦車のスケールモデル蒐集から手を引くことにしました。よく考えた末でのことです。製品開発が活発になり、魅力的な商品が市場にどんどん投入されてきている矢先のことではありますが、このままコレクションを続けていくとそれこそ文字通り収集がつかなくなってしまうので(苦笑)、意を決して手を引くことに。オークション出品のためにそれらを梱包している時は寂しかったですね・・・。

とまあ、こんな感じで身の丈にあったモデル・コレクション(ディスプレイ)を楽しんでいる私です。

「いつかモデル全てを綺麗なガラスケースに収め、心ゆくまで眺めていたい」といった私の夢想は、とりあえず今は本サイト "Model Review" にて代償行為としてなされているのでした。
Category Tag: Display
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=25
Page Top ▲