Home > BLOG Root

★「コンビニ流通系模型」という選択肢

Posted by Ken at April 27,2007



一時期のブームも落ち着き、すっかり市民権を得た感じの食玩(しょくがん)。食玩というと、古いところではグリコのオマケ、カバヤのビッグワンガムあたりを思い浮かべてしまいますが、ここ最近の製品には本当に驚かされます。

キャラクターモデル、動物、軍事メカ、庭園(!)、その他マニアックなものまで、その圧倒的なバリエーションと優れた造形力、そして驚異的な低価格で一大マーケットを築いています。マニアックなホビーショップではなく、スーパーやコンビニで何かを買ったついでに買える、というお手軽さも手伝い、コアなコレクターのみならず、ごく普通の大人(ライト層)をも巻き込んでしまいました。

中にはお菓子の付いていない純然たるスケールモデルもあり、その多くは塗装済み完成品、もしくは塗装済みで後は簡単な組み立てのみ、というカタチのモノ。こういった形態のモノはお菓子が付いておらず「食玩」とは呼べないので、とりあえず「コンビニ流通系模型」としておきます。

ミリタリー系エアモデル・コレクターである私の琴線に触れたのが「童友社の翼コレクション」や「タカラの世界の傑作機」。特に前者はフルコンプするほど入れ込んでしまいました。

こういった「コンビニ流通系模型」を購入する前に必ずチェックするのが以下のサイト。

かぽんのこだわり道場ミリタリー館

コレクター「かぽん」氏が運営する上記ブログでは、ミリタリー系模型をほぼ網羅しており、大変重宝しています。発売されてから日をおかずにレビューされるところなど、サイト/ブログ運営面でも見習うべきところが多いです。翻って私のサイトは・・・(汗)。まあボチボチやりますです。

以下は、現在私が注目しているコンビニ流通系模型のリストです。

翼コレクション第10弾 零戦21型「太平洋の翼」
    ミリタリーエアクラフトシリーズ ビッグバード Vol.2

ミリタリー系模型の多くは1/144スケールで展開しており(翼コレクションの1/100は例外)、あまり場所をとらず手頃なお値段で入手出来るとあって、なかなか魅力的。しかし、これもフルコンプとなるとそれなりの出費を覚悟しなければいけませんし、小さな部屋はあっという間にこれらミニスケールモデルに占領されてしまいます。結局、コレクターの悩みは小スケール模型の選択、ということでは解決されないのでありました。他のコレクターの皆様はコレクションの管理、どのようにされているのでしょうね。
Category Tag: Easy_Build_Kit
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=34
Page Top ▲

 

★ビッグ・スケール・モデルの誘惑

Posted by Ken at April 20,2007



21st Century Toys から、2007年中に1/18スケールのF-4DファントムIIがリリースされます。以下のサイトで、その詳細を見ることが出来ます。

21stCenturyToys AREA-21 F-4D PHANTOM II

ペイントスキームはベトナム航空戦でその名を馳せたリチャード・ステファン・”スティーブ”・リッチー大尉乗機のもの。

「現用戦闘機のコレクションは1/72スケールで!」と決めている私ですが、その気持ちが揺らいでしまうような魅力的な写真です。

同ブランドでは、今後MiG-21のリリースも予定しているということですから、ベトナム上空の覇権をかけて死闘を繰り広げた両機を並べてディスプレイしたくなります。

"Collect them all to create the ultimate Vietnam collection"
(サイト内キャッチコピーより)

うーーん、全部揃えるのはディスプレイ・スペースの制約上無理ですが、それでも欲しい(苦笑)。そんな悩ましいビッグ・スケール・モデルのリリース情報でした。


[postscript Feb. 5,2010]
21stCenturyToys のサイトが消えて久しいです。同社は既に倒産してしまったとの専らの噂。現在、事実確認中です。
Category Tag: New_Model
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=33
Page Top ▲

 

★バーガ・ガール

Posted by Ken at April 16,2007



Alberto Vargas (アルバート・ヴァーガス/アルベルト・バーガス)をご存知でしょうか?1935年に創刊されたアメリカの男性向け月刊誌”Esquire”で活躍したピンナップ・アーティストです(戦後は"Playboy"誌で折込ポスターを描いています)。

彼の描く健康的でセクシーなアメリカン・ガールはバーガ・ガール(もしくはバーガス・ガール)と呼ばれ、当時の男性を虜にした、とものの本には書いてあります。ちなみに以下のリンク先で彼の作品を見ることが出来ます。

Pin-up Art from The Pin-up Files

バーガ・ガールに限らず、こういったピンナップ・ガールは、先大戦中、アメリカ陸軍機(特に爆撃機)の機首側面に現場の兵士によって描かれ(所謂ノーズ・アートというやつです)戦場の荒れた兵士の心を慰める精神安定剤、もしくはタリズマン(護符)のような役目を果たしました。

このような派手なノーズ・アートが描かれた機体を模型メーカーが放っておくわけがありません。例えばCORGI社からは以下の魅力的なシリーズがリリースされています。

THE AVIATION ARCHIVE -NOSE ART COLLECTION-

また、航空機模型の他にはノーズ・アート・パネルとして、航空機の外板を模したものも発売されています。

Vintage Aircraft Nose Art

上記パネルとダイキャストモデルを組み合わせて飾ると、ずいぶんと雰囲気のある「漢の部屋」になりそうです。ただし立派なパネルだけに、お値段もそれなりのものとなっています。

<おまけ>
バーガ・ガールのフィギュアもあります。以下のフィギュアは私所有のもので全長30cmもある大きなもの。世界限定3000体とか(多いのか少ないのかよくわからない生産数ですが、笑)。

バーガ・ガールのフィギュア
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=32
Page Top ▲

 

★このまま消えていく!?レベルのメタル・エアプレイン

Posted by Ken at April 12,2007



2004年、プラモデルメーカー独レベル社より一連のメタル・エアプレイン(ダイキャスト製品)シリーズがリリースされました。

精密なプラモデルキットで定評のあるレベル社ならではの的確な形状と繊細なモールド、そしてカー・モデルの経験を生かしたタンポ印刷など、リリース当時はエアモデル・コレクターの間で大変話題になりました。本サイトでも以下のページでご紹介しています(クリックすると別ウィンドウが開きます)。

Revell Modern Era

しかし、それから3年・・・、ニューモデル・リリースのニュースは全くありません。レベル社のサイトをみても、たった2種がラインナップされているだけです。

Revell > Metal > Planes 1/72

このまま終焉を迎えてしまうには、あまりにも惜しいシリーズです。
Category Tag: Brand
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=31
Page Top ▲

 

★愛しのライトニング

Posted by Ken at April 08,2007



ライトニングが好きです。と言ってもP-38のことではありません。イギリスによって1950年代末に開発されたインターセプター、E.E.LIGHTNING のことです。

ふとっちょなミグといった風貌に加え、独特な主翼平面形、縦置エンジン、主翼面上に配置される燃料タンク、といったイギリス・テイスト満載(?)なこの戦闘機が、私にはとても魅力的に見えます。

プラモデルは各社からリリースされていますが、完成品模型としては、CORGI社 Aviation Archive シリーズが唯一のもの。私も一個所有しており、本サイトにてご紹介しております(以下、クリックすると別ウィンドウが開きます)。

BAC LIGHTNING F.3 by CORGI

上記モデルはライトニングの特徴を良く捉えており、私のお気に入りの一機。他のバリエーションも探しているのですが、その希少性の高さからか、海外ショップ、eBay でもなかなか目にすることがありません。あるショップでは59イギリスポンドで売られており、送料も含めるとちょっと手を出しにくい状況になりつつあります。

で、半分諦めていたところに国内オークションでの出品があり思わず入札、幸運なことに割と低価格で落札。それが今日自宅に届いておりました。これはそのうち "Model Review" にてご紹介の予定です。
Category Tag: Collection
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=30
Page Top ▲