Home > BLOG Root

★実機のサイズ

Posted by Ken at December 28,2007



時々、無性に実機を見たい!と思うことがあります。ここ10年ほど、実機に触れる機会を作れなかったことが原因なんですが、やはり間近で見るリアル・マシーンは迫力があります。

現用機は、航空祭へ足を運べば事足りるわけですが、退役した航空機や大戦機ともなるとそうはいきません。


▲名古屋空港航空宇宙館に展示してあった零戦32型。1995年頃の写真です。
左上の人物は私、管理人ケンです(今もだいたいこんな風貌)。零戦は小柄な
イメージがあったのですが、実際間近で見ると大きくてびっくりした記憶が
あります。使い捨てカメラ「写るんです」で撮った写真をスキャンしたもの
なので、鮮明さに欠けてます。


▲こちらはタカラトミーのコンビニ流通系模型の連斬・零戦。フィギュアが
あるとディスプレイしてもスケール感が出るので嬉しいですネ。

ということで、ただ今 My Collection 編集中。アップは今週末となりそうです。
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=47
Page Top ▲

 

★タカラトミー連斬・零戦

Posted by Ken at December 24,2007



話題の「タカラトミー/連斬・零戦」をヤフオクで入手し、組み立ててみました。


▲半完成品だからすぐに組みあがるだろうと高を括っていたら、なんと4時間
もかかってしまいました。

実は、こういった連斬模型の組み立ては初めての私。この手のものは、組みにくく、部品がぽろぽろ取れてしまうという情報は、事前に得ていたのですが、予想を上回る組みにくさでした(つかれたー)。

しかし、組みあがった模型は秀逸の一言!実に素晴らしい出来栄えです!内部メカが見える構造って、やはりそそられるものがありますね。これは近々拙サイトにてレビューの予定です。

さてと。撮りまくった写真の整理をしなきゃ。うーーん。
Category Tag: Easy_Build_Kit
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=46
Page Top ▲

 

★ロケット戦闘機秋水

Posted by Ken at December 23,2007



久しく更新を怠っていた日記を再開します。どちらかというと本コーナーはコラム的なものになっており、そのためネタを纏めるのに時間がかかり、それ故更新が滞っていたのですが、ごくごく普通の日記にシフトダウンしてお気楽に再開してみることにしました。週2回程度の更新頻度にはもっていきたいです。

さて、先大戦末期に実用化されずに潰えてしまった日本海軍のロケット戦闘機秋水に関する良書がありますので、ここで簡単にご紹介しておきます。

■有人ロケット戦闘機 秋水 海軍第312航空隊秋水隊写真史
 柴田 一哉著/大日本絵画出版/¥ 3,990 (税込)

秋水を実戦配備するために編成された海軍第312航空隊隊員の証言やアルバムを収録したフォトストーリーで、秋水とそれに関わった人達のことをビジュアルに理解出来ます。

また3DCGムービーが2本収録されたDVDが付録として付いてくるのですが、これがまた秀逸な出来!秋水関係者の当時の想いを映像化したような内容で、実にリアルに作りこまれています。大戦機ファン必見です。ぜひご覧になってみてください。
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=45
Page Top ▲

 

★秋の夜長にオススメの一冊

Posted by Ken at October 07,2007



「ベルリン飛行指令(著者:佐々木譲)」という小説があります。大戦機に興味があり、小説がお好きな方なら既読の方もいらっしゃるかと思います。ストーリーの概略は以下のとおりです。

1940年、欧州戦線で英国スピットファイアに苦汁をなめていたドイツ空軍は極秘情報を入手した。日本で画期的な戦闘機が開発されたというのだ。驚異的な航続距離を誇る新戦闘機、その名は”タイプ・ゼロ”。三国同盟を楯に取り日本に機体移送を求めるドイツ。日本海軍の札付きパイロット安藤、乾の二人に極秘指令が下った。張り巡らされた包囲網の下、零戦は遥かベルリンの灯を目指す!
(以上、新潮文庫・裏表紙より引用)


よくある仮想戦記ものとは一線を画した、非常にリアルな(どこまでが現実で、どこからが架空なのかわからない)小説です。


▲新潮文庫「ベルリン飛行指令(平成五年版)」と翼コレ零戦21型
"Zero over Berlin"として英訳され海外でも高い評価を受けているようです。

その導入部分(第一部)が大戦機ファンにとって非常に興味深い内容となっています。これ以上書いてしまうとネタバレになってしまいますので、あとは実際に手にとって読んでみて下さい。秋の夜長に、独り想像の世界へ飛翔するのも、またいいものです。
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=44
Page Top ▲

 

★健康のためにガスマスク着用を!

Posted by Ken at September 29,2007



数年前、翼コレクションを立て続けに何機も組んだ時に、瞬間接着剤で喉を痛めてしまいました。病院でお薬をもらい、2週間それを飲み続けてやっと快方に向かった、という苦い経験があったので、今回翼コレを組む時は万全の態勢でこれに臨もう、ということで購入したのがコレです↓


▲シゲマツ・直結式小型防毒マスクGM77(吸収缶CA-710と併せて2,329円)

有毒なガスや蒸気から人体を守る目的で開発された小型ながらも本格的な防毒マスクです。で、早速使ってみたのですが、コレがなかなかいいのです。

何よりもいいのは、瞬接の刺激臭から完全に呼吸器系を保護してくれる、ということ。これは実にたのもしい限りです。にも、関わらず、呼吸はそれほど苦しくありません(若干の息苦しさはありますが我慢できる程度です)。

シンナー等の有機溶剤を使う場合は、まず換気をしっかりと行なうことはもちろんですが、こういったモノも併用してご自身のお体をしっかりとプロテクトして下さい。

あと、同居人への気配りも忘れずに(コレかなり重要です、いろんな意味で)。

ガスマスク・メーカー:株式会社 重松製作所
ガスマスク購入先:マスク専用ホームページ Mask.jp
Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=43
Page Top ▲