Home > BLOG Root

【ブック・レビュー】 海軍特殊攻撃機 橘花

Posted by Ken at December 12,2008

ドイツのMe262が戦場を駆け抜けていた頃、日本のジェット・エンジン開発はどうだったのか?その技術水準は?そんな私の疑問にこたえてくれたのがこの本でした。



本書は戦後のジェット・エンジン開発に深く関わってきた著者によるネ20の技術解説本であり、また日本のジェット・エンジン開発史でもあります。

Me262に搭載されたユンカース社Jumo004エンジンがスロットルレバーの操作により回転数と排気温度を調整できたのに対し、ネ20はこれができていなかったり、またスロットル管制に対し発動機の効きに遅れが相当にある、等々、興味深いエピソードが満載です。

数式を極力排除した読み物ではありますが、お気楽に読める本ではありません。が、興味のある方は、休日を一日つぶす位の覚悟でじっくり読んでみては如何でしょうか?

★橘花―日本初のジェットエンジン・ネ20の技術検証
2001/07発売/三樹書房/石沢 和彦 (著)
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=74
Page Top ▲

 

★Model Search 機能の改良

Posted by Ken at December 11,2008

Model Review ページ左サイドバー下に「Search!」と書かれたアイコンがあります。



これをクリックすると、スケール毎、機種毎にモデル検索が出来ます。これまでの検索機能は使いにくかったので替わりに Database Factory という CGI を利用しています。

以下、CGI 配布元となります。



Database Factory はいろいろとカスタマイズして使えるフリーのデータベース。レビューサイト・オーナーさんにオススメしたいソフトです(※)。

※ただし、ある程度 HTML や CGI を理解されている方でないとカスタマイズは難しいかもしれません。でも何事もチャレンジです!
Category Tag: Web
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=73
Page Top ▲

 

【ブック・レビュー】 航空機メカニカルガイド

Posted by Ken at December 10,2008

本書は1903~1945年までの間に活躍した航空機(軍用機中心)をとりあげて、その機体とそれに使用された技術(周辺技術も含む)を解説したモノです。



例えば、私の大好きなメッサーシュミットBf109F型に関しては、流体継手、直接燃料噴射ポンプ、パワーブースト装置、前縁スラットの効用等々、興味深く、はじめて目にする記事ばかりが掲載されている、といった具合。

単に外国文献を参考にしただけではなく(それでも十分にありがたいのですが)独自に調査をされ、地道に研究を重ねてきたからこそ、このような質の高い、説得力のあるモノグラフになったのだと思います。

エース乗機の塗装解説や戦記も好んで読みますが、何よりも航空機のメカニカルな部分に惹かれる私としては、非常に嬉しい一冊でした。今でも時々本棚から取出しては拾い読みをしています。

帯には「航空技術入門書の決定版!」と銘打ってありますが、入門用としては少々程度が高いような気がします。もちろん大戦機ファンは必携です!

★航空機メカニカルガイド 1903‐1945
1996/06/新紀元社/国江 隆夫(著)
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=72
Page Top ▲

 

【ブック・レビュー】 フォッケウルフFw190 その開発と戦歴

Posted by Ken at December 09,2008

ハードカバー544頁、写真や図版を多用し、圧倒的な情報量を持つ本書。

原書はフランス語で書かれ、世界中のマニアから高い評価を受けたというだけあって、その内容の濃密さに唸らされます。


設計者クルト・タンク教授の序文に始まり、その誕生から終焉まで、年代順にフォッケの一生が詳細に綴られていきます。

メカに関する記述と戦闘詳報で章が分けられているわけではなく、しかも索引がないので、後で記事を参照する時にちょっと困ってしまいます(何せ、頁数が多いものですから)。

そこで私の場合、気に入ったところ(気になったところ)に付箋紙を貼り付けたり(そこに参照先として別書の頁数を書込んだり)、いくつかピックアップして別紙にまとめる、などして本書を活用してます。

稀代の名機フォッケウルフ Fw190。本機に興味を持つ者にとって本書はまさに「フォッケ事典」というべきもの。じっくり時間をかけて読むのもよし、また時々本棚から取り出して拾い読みするのもよし。ということで、本書を上手に活用されて下さい。

ディテール集や塗マモノと併せて読むと完璧かも?

★フォッケウルフFw190 その開発と戦歴
1999 大日本絵画
ジャン=ベルナール フラッペ, ジャン‐イヴ ローラン(共著), 小野 義矩(訳)
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=71
Page Top ▲

 

★映画「ブルーエンジェルズ」

Posted by Ken at November 26,2008



ようやくモデルレビュー出来ました、ホビーマスター製F-4Jブルーエンジェルズ!

レビューにあたり、サイト更新のモチベーションを高めるため THRESHOLD ('74米映画/75年日本公開/邦題:ブルーエンゼル)を久しぶりに鑑賞しました。ブルーエンジェルズ黄金期と称されたF-4Jファントム使用時のドキュメンタリー映画です。


▲私の部屋にはテレビがなく、パソコンでVHSビデオを視聴しています。
VHSデッキ -> ビデオキャプチャ -> パソコン(IEEE1394接続)。


▲ビデオのパッケージです。1993年10月発売と記されています。

国内正規版はVHSしかなく(それも入手困難な状況)、DVD化が待たれる作品です。

あの大柄なF-4がフライトエンベローブ(飛行可能領域)をめいっぱい使って飛び回る様は、何度観てもしびれます。

基本的にドキュメンタリー映画なので、数あるアクロバット飛行のビデオとは一線を画している、深みのある作品です。戦闘機ファンの方は、機会があれば(機会を作って)ぜひご鑑賞ください。何かしら得られるものがあるかと思います。
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=70
Page Top ▲