Home > BLOG Root

★九八式射爆照準器

Posted by Ken at May 06,2009

九八式射爆照準器。ドイツのレビ2B照準器を基に開発され零戦など旧日本軍機に装備されていた光像式照準器です。


▲これはマツ・モデルデザインより発売されている1/3スケールモデルです。


▲予備照門/予備照星、フィルター可動のギミック付。

他にも四式射撃照準器(ボディ色がブラックとシルバーの2種類)、レビ3C、レビ12Dなどがラインナップされています。価格は8,300~8,500円。

女にゃ分からぬ男のホビー

こちらは今週末レビュー予定です。

p.s.
YouTubeより関連動画。2008年11月15日の陸上自衛隊土浦武器学校創立記念祭において、基地内の資料館で完全レストアされた九八式射爆照準器がお披露目された時の映像だそうです。



※5月10日追記: レビュー、アップしました。下記リンク先よりどうぞ。

Optical Gun Sight Type98 by matsu model design
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=94
Page Top ▲

 

【DVDレビュー】空へ~救いの翼~

Posted by Ken at May 03,2009

2008年12月に劇場公開された角川映画制作・配給の「空へ~救いの翼~RESCUE WINGS」。私の住んでいる地域では劇場公開されることのなかった本作品を先程DVDにて鑑賞し終えたところです。

映画「空へ~救いの翼~」公式サイト

空自、海自の全面協力のもとに撮影が行われたというだけあって、素晴らしい絵になっていました。CGでは再現できない本物だけが持つ迫力には圧倒されます。

ただ、ドラマの部分がアニメ版に比べて随分と弱い印象を受けました。主演女優・高山侑子の演技は正直未熟なもので落胆させられましたが(頑張っているのは伝わってきましたが…)、周りのベテラン俳優さんがそこをしっかり補間・補強しており、キャスティングはこれで良かったのだと思います。

劇中で使用された音楽が怪獣映画・特撮映画の雰囲気で、最初「うん?」と思ったのですが、監督さん(手塚昌明監督)がその手のジャンルを得意とされていることを知って「なるほど」と納得した次第です。


「コレクターズ・エディション」には特典映像が付いており、これが素晴らしいものになっています。航空ファンであれば通常版ではなく、こちらを買うべきでしょう。

以下のブログで特典映像の魅力を窺い知ることが出来ます(キャプチャ画像満載!)。

映画「空へ~救いの翼~」オフィシャルブログ


この種の作品は航空機に関心のない一般の方が観るには抵抗があるかもしれませんが、「右寄りな自衛隊映画」という妙な先入観を捨ててもらって、多くの方に「航空救難の現状」を知ってもらいたいと思いました(左寄りの方にもぜひ観てもらいたいのですが、まあ観ないでしょうねえ…)。

手塚監督、高山さん(これからですね、がんばって)、俳優・女優のみなさん、制作スタッフの方々、そして自衛隊の皆さんにマキシマムのリスペクトです。

Related Entry:★よみがえる空 -RESCUE WINGS
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=93
Page Top ▲

 

★革製キーケース購入

Posted by Ken at April 29,2009

VF-154のスコードロン・グッズを買ってみました。革製キーケースです。


▲4連キーケース。愛車のキー、自宅のキー、事務所のキーを付けてみました。


▲キーを収納し、ケースを閉じたところ。

残念ながら何の革を使っているのかわかりませんが、色合い、風合いはシックでなかなかいい感じです。2,500円でちょっと高いかな?と思ったのですが、それなりに思い入れのあるVF-154なので、まあよしとします。

あと、スコードロン・グッズで欲しいものといえばマグカップ。事務所でコーヒーを飲むのに使いたいですね(仕事が少し楽しくなるかも?)。

日常生活にちょっとした潤いを与える航空関連グッズのご紹介でした。
Category Tag: Collection
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=92
Page Top ▲

 

★デカール剥離補修

Posted by Ken at April 20,2009

F-35撮影中に、左主翼端のデカールが剥がれてしまいました。でもそこは慌てず騒がず、以前 Blog Modelers のモデラーさんから教えていただいた方法で剥離補修を行いました。


▲用意するものは木工用ボンド(水性タイプ)と面相筆、そして塗料皿。


▲ボンドを水で溶いて適度な濃度にします。


▲その水溶液をデカールの剥がれかかっている箇所に塗布し、はみ出た部分をティッシュでやさしくふき取ります。


▲これで補修完了です。ボンドは乾いたら透明になるので補修したことすらわかりません。

今回はプラモデル塗装面へのデカール貼り付けでしたが、この手法はダイキャスト製品にも有効です。こちらの詳しいレポートは以下のページをご覧ください。

More Fun ! > Maintenance > Decal Repair Work

簡単に出来る補修方法なのでぜひお試しください。
Category Tag: Maintenance
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=91
Page Top ▲

 

★F-35の塗装済み完成品

Posted by Ken at April 15,2009

プラモデルメーカーのピットロードより、F-35のプラモデル完成品がリリースされています。


▲1/144 F-35A LIGHTNING II AA-1(プロトタイプ1号機)2,940円(税込)

これは先にキットとしてリリースされていたものを塗装済み完成品としてリリースしたものです。


▲現在開発中の最新鋭機が完成品模型として入手できるのは嬉しいことです。
(デカールのシルバリングが気になりますが…。)

こちらは今週末レビュー予定です。

p.s.
以下、YouTubeで拾ってきた動画です。モデルとなった実機そのものです。



※4月19日追記: レビュー、アップしました。下記リンク先よりどうぞ。

F-35A LIGHTNING II AA-1 by PIT-ROAD
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=90
Page Top ▲