Home > BLOG Root

PLAY with OPTIONAL PARTS

Posted by Ken at January 10,2011

前回に引き続き、マクロス・トイの話題を。今回は別売りのオプショナル・パーツをVF-1に取り付けてみました。


▲ F.A.S.T Pack(ウェザリング特別仕様)をセットした状態。


▲ 姿勢制御用スラスターが「それらしく」配置されています。


▲ 主翼下には反応弾6発を装備。


▲ F.A.S.T Pack はカバーを取り外して内部構造を鑑賞することが出来ます。


▲ メカっぽさが出ている、良い造形です。


▲ 成形色そのままの通常版はチープに感じたのでウェザリング仕様を購入しました。


▲ ルックスの良さとプレイバリューを両立させた開発陣に敬意を表します。


▲ ストライクパーツに差し替えた後、ガウォークモードにしてみました。

今回ご紹介したアイテムの詳細はYAMATO社のウェブサイトでご確認ください。

1/60 完全変形 VF-1S ロイ・フォッカー機 ウェザリング特別仕様
1/60 完全変形 VF-1対応 スーパー&ストライクパーツ ウェザリング仕様

さて、そろそろスケールモデルのレビューに戻ることにします。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=149
Page Top ▲

 

★PLAY THE MACROSS TOY

Posted by Ken at December 07,2010

先週の日曜日はマクロス・トイで遊んでました(やまと製品)。


▲ 別売りのマクロス・スタンドを使って飛行姿勢を再現。


▲ 様々に角度を付けては、ぼーっと眺めることひとしきり。


▲ モデルには適度なウェザリングが施されています。


▲ 飛行機好きとしては、ファイター・モードが一番しっくりきますね。


▲ 水平尾翼がない航空機デザインは今見ても新鮮です。


▲ ガウォーク(戦闘機からロボットへの変形途中の形態)も様になってますねー。


▲ 究極のスラスト・ベクタリングですね、これは!

ロボット・アニメのもう一方の雄、「ガンダム」も好きですが、どちらかというと私は「マクロス派」です。

バトロイド(ロボット)形態のみではモビル・スーツのインパクトにはかないませんが、ファイターからガウォーク、そしてバトロイドへの変形過程とその運用シーンにとても魅力を感じています。

戦闘機という現実にあるメカに感じる既視感が、現在のテクノロジーから地続きになっているという「錯覚」を起こさせてくれる、稀有なメカ・デザインです。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=148
Page Top ▲

 

★cheap, but not bad

Posted by Ken at December 02,2010

今さらではありますが、2008年に発売された食玩「エフトイズ大型機コレクション」から、ランカスター爆撃機をこちらでプチレビューしてみます。


▲ 1/144 AVRO LANCASTER in HEAVY BOMBER COLLECTION by F-toys confect.


▲ とても525円(税込)とは思えないクオリティです。


▲ マーキングはデカールとなっており、所定の箇所に自分で貼る必要があります。


▲ キャノピーが肉厚なのは仕方のないところ。寧ろよく頑張ったというべきですね。


▲ 動力銃座もきちんと再現されています。


▲ 同スケールのMe262夜戦と並べてみました(こちらもエフトイズ製品)。

1/72スケールモデルをコレクションのメインとしている私ですが、このような大型機は1/144または1/200で楽しもうと思っています。

今回ご紹介した商品は安価な割にはとてもよく出来ており、感心させられます。

しかしデカールのシルバリングはどうにかしたいところ。次回組立時にはマークソフターを使うなどして密着度を上げてみようと思いました。

逆にタンポ印刷の凄さ、ありがたみもよくわかりました。

ダイキャストモデルのレビューの狭間を縫って、こういったものも時々とりあげてみたいと思います。


↓戦時中に制作されたランカスターの宣伝映画(国策映画?)です。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=147
Page Top ▲

 

★Hyakuri's Woodpecker

Posted by Ken at November 23,2010

発売されてから大分時が経ってしまいましたが、百里のキツツキ(Hobby Master 製 RF-4E)を今週末レビューします。


▲ 繊細な凹モールドにグレイ系の塗料で軽くスミイレがなされています

購入を迷ってらっしゃる方は、参考にされてください。

↓YouTube で見つけた RF-4E の動画です。アマチュアの方が撮影されたようですが、被写体をしっかり捉えた力作です。




※11月28日追記: レビュー、アップしました。下記リンク先よりどうぞ。
RF-4E Phantom II 501st SQ, ARG JASDF "Shark Mouth" by Hobby Master
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=146
Page Top ▲

 

Do you like realistic car models?

Posted by Ken at November 15,2010

趣味に使える予算のほとんどをエアモデルに当てている私ですが、カーモデルも少しばかり所有しています。

最近購入したものでお気に入りは CMC社1/18スケールの"AutoUnion Type C"。


▲ 1:18 Scale Auto Union Type C, 1936 by CMC


▲ コクピット、ステアリング、ラジエター周り


▲ V型16気筒エンジンも精密に再現されています

W.W.II単発戦闘機を1:32スケール程度の大きさで内部構造まで精密に再現した金属製のエアモデル、あるといいなあと思います。ウィングクラブには手が出せない層が、がんばれば買えるような、そうですね、5万円程度のモデル。

カウリングはプレス加工された金属部品にする、とか。嗚呼、でも高くなりそう…。

↓ 関連動画です。こちらは本物(レプリカですが)。ドイツのメカってまるで工芸品のようです。

Category Tag: Topic
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=145
Page Top ▲