Home > BLOG Root

Vanship - Fictional Airplane

Posted by Ken at February 06,2012

今日は架空機モデルのご紹介。アニメ「ラストエグザイル」で主人公クラウス・ヴァルカの愛機となった「ヴァンシップ」という航空機です。

▲ クラウディア液という液体を加圧して得られる「浮力」で飛ぶ設定です。


▲ なんともレトロでスチーム・ロカモーティブなデザイン。


▲ これがクラウディア機関。エンジンにあたる部分です。


▲ 主翼はありませんが、エルロンやエアブレーキのようなものは付いています。


▲ 波板外板、リベットの海からわかるようにエンジン以外はローテクの産物。


▲ コクピット周り。


▲ ウォッシングという汚し塗装が施されており、なかなかリアルです。


▲ クラウスとラヴィのフィギュアも付属。良く出来ています。


▲ 1/48スケールのフィギュアやパーツを配して遊んでみました。


次回はパッケージ編の予定。

第1期のオープニング・テーマです。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=185
Page Top ▲

 

What I Got

Posted by Ken at February 02,2012

トップガンに注文していたダイキャストモデルが届きました。

▲ Corgi Aviation Archive AA35011 Gloster Meteor F.Mk.8


▲ Centurywings F14D Tomcat US Navy, VF-2 Bounty Hunters, NE100 2003


ブリスター越しに見たモデルは、どちらもいい感じです。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=184
Page Top ▲

 

Old Corgi's Buccaneer

Posted by Ken at January 22,2012

CORGI製「ホーカーシドレー バッカニア S.Mk.2B イギリス空軍 第12飛行隊 サフォーク州ホニントン基地 1979年」のレビューです。

▲ RAFで最初のバッカニア飛行隊となった12SQNの機体が美しく再現されています。


正確なアウトライン、メリハリのある凹モールド、美しい塗装と、CORGIスタンダードな出来。2003年にリリースされたダイキャストモデルですが、最近の商品に比較しても何ら遜色のない出来と言えます。

詳細レビューは下記リンク先よりどうぞ。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=183
Page Top ▲

 

Space Saving Tips

Posted by Ken at January 10,2012

ダイキャストモデルの元箱を捨て小物パーツをポリ袋に収納することで省スペース化を図る、といったことを以前こちらでご紹介したことがありました。
今でもこの方法は続けており、先日も洋上迷彩ファントムの元箱を破棄しパーツ類をポリ袋に収めました。


最近のHobbyMaster製品はシールでモデルの種類を表すようになってきました。

▲ シールを丁寧に剥ぐと、Sundownersが見えてきました(笑)。

▲ シールをポリ袋に貼って一丁上がりっと!

▲ その後、元箱は破棄します。


HobbyMaster、Dragon製品の元箱は思い切りよく捨てられるのですが、CORGI製品のそれは捨てるのが困難です。捨てようとするとかなりの精神的苦痛を伴います(おおげさ)。これはCORGI製品の長所でもあるのですが、元箱も商品の一部として丁寧に作られているからです。ただの収納箱ではないんですね。

国産の大人向けTOYに目を転じてみると、そのパッケージはどれも美麗で、とても捨てる気にはなれないものばかり。そんなメーカー側のこだわりが単なるモノに命を吹き込んでくれているような気がします。

ということで、次回は国産の大人向けTOYをレビューしてみます(新しいダイキャストモデルがなかなか買えない状況になってきておりまして…)。
Category Tag: Collection
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=182
Page Top ▲

 

T-2 Blue Impulse

Posted by Ken at January 09,2012

昨年8月末にリリースされたHM社製T-2ブルーインパルス(1/72スケール・ダイキャストモデル)。遅ればせながらのレビューです。

▲ T-2ブルーのグロッシーな塗装が美しく再現されています。


▲ 炎の尾を曳いて離陸するT-2ブルーのイメージが頭をよぎります。


1/72スケールでは初の完成品となります。先にリリースされたF-1と同じ金型を使用していることから、F-1と同様な長所と改善点を持つ商品となりました。こういった日本のマーケットを意識した商品のリリースは喜ばしいことで、そのうちT-4もモデル化されるのでは?という期待も抱いてしまいます(そうなれば当然T-4ブルーも、ということになるでしょう)。同社のリリース情報から今後も目が離せません。

詳細レビューは下記リンク先よりどうぞ。
[エアモデル・レビュー Airmodel Review]
T-2 Blue Impulse #1 21st Sq., 4th AW, JASDF 1987 by Hobby Master
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=181
Page Top ▲