Home > BLOG Root

Thunder and Lightnings -Japanese Edition-

Posted by Ken at February 22,2012

英国を代表する児童文学作家ジャン・マークの処女作にして出世作 "Thunder and Lightnings(邦題:ライトニングが消える日)"を読み終えました。

▲ Thunder and Lightnings

時は1970年代。舞台は英国ノーフォーク州の田舎町。主人公や周りの人たちは魔法を使えるわけでも、空を飛べるわけでもなく、またドラマチックな展開があるわけでもない、ごくごく普通の少年たちのありふれた日常を描いています。

私がこの本を知ったのは、ちょうどライトニングのモデルレビューで関係資料を探していた時。

7回目の引っこし先、ノーフォークの田舎でアンドルーを待っていたのは大空を飛び回る戦闘機と耳をレーダーのようにピンとたてた少年だった―「聞こえる?」「ライトニングだ」「…二分半で四千フィート」ぼくたちの夏がゆるやかにあつくなる。


そんなキャッチに惹かれて本書を入手。読みなれない児童文学の文体に少しいらっとしながらも読了。読後感はとても爽やかなものでした。面白かったのが、やはりライトニングに関係する記述。ちょっと拾ってみると、

「ぼくはライトニングが好きだ。世界でいちばん速い飛行機だったんだよ、昔はね。ライトニングが上昇するのを見てごらん。再燃焼(リヒート)するんだ」

アンドルーは、ビクターが専門的な話をはじめるのではないかと心配になった。再燃焼なんて聞いたことがない。まるで病気のことみたいだ。

おはようございます、先生。わたくしおそろしく気分が悪いんです。再燃焼してしまって。治療法はないんですよ、奥さん。摘出するしかありません。


私はこの行(くだり)を読んで大笑い。また、こんな記述も。

「あれがライトニングだ」ビクターが愛情のこもった声で言った。

アンドルーはがっかりした。もっと優雅でなめらかな機体を想像していたのだ。(中略)トイレットペーパーの芯とボール紙で作ったへたくそな模型飛行機といった感じだ。


そんなライトニングも引退、というニュースが「ライトニング大好き少年」ビクターの耳に届きます。アンドルーはビクターを励まそうとしますが、いい言葉が見つかりません。

といった感じで物語はゆるやかに進んでいきます。まだお読みでない方は、試しに本書を手に取ってみてください。過剰な期待はしないほうがいいですが、忘れかけていた少年の心がきっと蘇ってくるに違いありません。

Category Tag: Book
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=189
Page Top ▲

 

Vanship - Box Design

Posted by Ken at February 21,2012

前回のヴァンシップ・レビューから大分間があいてしまいましたが、今回はボックス・デザイン編。

▲ ボックスは窓付きタイプ。

▲ 両サイドにはリアルなヴァンシップのクローズアップ写真が(CG?)。

▲ 実在する機体の一部のように見え、想像力をかきたてられます。

▲ モデルを付属の台座に展示したところ。

ダイキャストモデル(軍用機完成品)の窓付きボックスは得てして安っぽくなりがちですから、こういったセンスのあるデザインを見習って欲しいものです。化粧箱にコストはかけられない!とメーカーの方は考えているのかもしれませんが、これも商品を構成する一部ですし、コレクターの購買意欲にも大いに関わってくるところですから。

もちろんモデル自体がダメな出来なら本末転倒ではあります。










Product Maker:Good Smile Company
Product Series:LAST EXILE (Japanese TV Anime)
Product name:Klaus' Vanship
Model Scale:Non-Scale
Release date:May 2007
Price:8,190 yen in Japan
Notes:Complete painted ABS statue / Out of Production Model
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=188
Page Top ▲

 

AR196 Review by Collector "Y"

Posted by Ken at February 20,2012

コレクターYさんによる、OXFORD社製 Arado AR196モデルレビューをご本人の許可を得てここに掲載致します。

以下、レビューとなります。
OXFORDのArado AR196が届いたので紹介します。う~ん・・・エアモデルの出来としては100点満点中65点と言ったところですが、私的には気に入りました。

▲ Arado Ar196 Kreigsmarine 2./SAGr.125 by Oxford Aviation 1/72 Scale Die-cast Model

画像を御覧いただければお解かりいただけますが、実機の可動部以外の多くが凸モールドとなっていて、最新のモデルですが時代遅れです(^^;)。凸モールドはシャープな線が多く、それほど浮き上がっては見えませんが・・・。

▲ Outline of Arado Ar196

他の欠点は特徴のあるカウルにもろにパーティングラインとゲート(溶けた材料が製品部に流れ込む入り口)がある事と、機首の凸モールドが大き目なところです。ゲートはカウル側面の欠けて見えるところですが、形状的にもコスト的にも仕方無いところでしょうか。この機の一番の見所なのでもう少し何とかして欲しかったですね。ただ、画像で拡大して気になる程度で、現物は目立たないのが救いです。

▲ Around the cowling

他にはキャノピー後部の機銃のがふっくらしていたりします(笑)。機外からまともに見える銃なので、もうちょっと・・・。塗装とマーキングはかなりしっかりしていて、HMと同レベルで、色調はコーギーに似てます。

▲ Swastika on the tail & paintings are good, but the gun looks very poor.

全体としては、機体のデザインのおかげかカラーリングのおかげか、凸モールドがあまり気にならず、私的には合格点となり、気に入った1機となりました。この造りを単葉の戦闘機とかにされたら幻滅ですけど・・・。

ケンさんから見ると許せない部分が多くあるはずですね(^^;)
画像から御判断いただけるご意見お待ちします。
以上、コレクターYさんによるAR196レビューでした。

お写真をじっくりと拝見させていただくと、確かに「う~ん」な感じではありますが、塗装がとても良いように見えました。垂直尾翼にもちゃんとスワスチカが描いてありますし(これ、ポイント高し)。

それにしても、凸モールドというのがスゴイ(笑)。一昔、いえ、二昔前のプラモデルのようです、まるで。

とはいえ、モデル全体から醸し出される雰囲気が良く、欲しくなるモデルです。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=187
Page Top ▲

 

Old Corgi's E.E.Lightning

Posted by Ken at February 15,2012

CORGI製「イングリッシュ・エレクトリック ライトニング F.1A イギリス空軍第111飛行隊 ワティシャム基地 1964年」をご紹介します (1:72/2002年リリース)。  

▲ 派手な「トレブルワン」マーキングの機体が美しく再現されています。

本モデルのリリースは2002年。 コーギー・クラシックス特有の運河モールドやパーツ間の隙間が目につきますが、商品としての品質は高いものです。

詳細レビューは下記リンク先よりどうぞ。
E.E.Lightning F.1A XM184:A No.111 Sqn. RAF Wattisham, 1964 by CORGI


ライトニングのプロモーション・ビデオ。音楽やナレーションが時代を感じさせます。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=186
Page Top ▲

 

Vanship - Fictional Airplane

Posted by Ken at February 06,2012

今日は架空機モデルのご紹介。アニメ「ラストエグザイル」で主人公クラウス・ヴァルカの愛機となった「ヴァンシップ」という航空機です。

▲ クラウディア液という液体を加圧して得られる「浮力」で飛ぶ設定です。


▲ なんともレトロでスチーム・ロカモーティブなデザイン。


▲ これがクラウディア機関。エンジンにあたる部分です。


▲ 主翼はありませんが、エルロンやエアブレーキのようなものは付いています。


▲ 波板外板、リベットの海からわかるようにエンジン以外はローテクの産物。


▲ コクピット周り。


▲ ウォッシングという汚し塗装が施されており、なかなかリアルです。


▲ クラウスとラヴィのフィギュアも付属。良く出来ています。


▲ 1/48スケールのフィギュアやパーツを配して遊んでみました。


次回はパッケージ編の予定。

第1期のオープニング・テーマです。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=185
Page Top ▲