Home > BLOG Root

Instrument Panel & Gun Sight

Posted by Ken at February 09,2013

チェコのプラモデルメーカー eduard(エデュアルド)の製品「1/4スケール メッサーシュミット Bf110 インストゥルメント・パネル」をヤフオクで入手しました。

▲ Bf110 INSTRUMENT PANEL 1/4 Scale by eduard

元は未組立のキット。出品者さんが塗装・組立を施した完成状態での入手です。

▲ 大きさの比較のため腕時計を置いています。

▲ 実物と見紛うほどの出来栄え。出品者さんの製作スキルの高さがわかります。

▲ こちらはマツ・モデルデザイン製 1/3スケール Revi3C 射撃照準器

インパネ(計器板)や射撃照準器等は実物を入手するには敷居が高過ぎますが、こういった模型であれば気軽にその雰囲気を楽しむことが出来ます。

大人の書斎におひとつ如何でしょうか。

【参考サイト】
Category Tag: Collection
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=202
Page Top ▲

 

Java 7 update XX security patch

Posted by Ken at January 19,2013

国内外のセキュリティ組織から「Java7」をアップデートしてください、との勧告がありました(2013年1月10日)。

Java(ジャヴァ)はプログラム言語の一つで、ウェブサイトの利便性を良くする為に使われています。よくウェブページで絵が描けたりグリグリ動かせる部分があったりしますが、そういったところに使われているものです。

Javaを悪用するとウェブページを閲覧しただけでコンピューターに悪さをするプログラムが走ってしまうことがあります。今回はJavaにセキュリティ上の脆弱性(ぜいじゃくせい)が見つかり、そこをハッカーに悪用される可能性があるとの警告です。

これを防ぐ一番の方法はJavaを使用しないこと(ブラウザの設定でJavaをオフにすること)。しかしJavaは今や多くのウェブサイトで使用されており、これは現実的ではありません。

ではどうすればいいのでしょうか?

Java7(Javaのバージョン7)をアップデートすることです。アップデートは簡単。まずはオラクル(開発会社)のサイトから更新プログラムをダウンロードします。その後ダイアログメッセージに従ってプログラムをインストールします。


無事にインストールが終わるとコンピューターを再起動するメッセージが表示されます。開いているブラウザやアプリケーションをすべて閉じた後、再起動してください。再起動後、アップデートが有効になります。

実は、本サイトでもJavaを使ったページがあります。
[Java使用ページ Page with Java in this site]
Home>More Fun!>Display Room - Reader's Room

Javaアップデート後、上記ページから各ルームに入ると以下のような警告メッセージが表示されます。

▲ Javaセキュリティ警告のメッセージ

「実行」をクリックしていただくとディスプレイルームのJavaが動くようになります。お手数をおかけしますがご協力よろしくお願いします。

今回はエアモデルとは関係のない話題でしたが大切なことなので取り上げてみました。
Category Tag: Web
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=201
Page Top ▲

 

Crosswing Catalogue 2013

Posted by Ken at January 01,2013

旅客機モデル専門店「クロスウイング」からカタログが届きました。年賀状の返信を書き終えた後、コーヒーをすすりながらそれらを眺めることしばし。

▲ クロスウィング2013年版カタログ(2013年1月1日現在)

▲ 全日空商事製1/200スケールYS-11フラップダウンモデル各種

ミリタリーモデルがコレクションの大半を占める私ですが、YS-11フラップダウンモデルには目を奪われました。カタログには発売時期の記載がなかったのでネットで調べてみたところ、2013年6月30日とのこと。お値段は張りますが、全日空商事製YS-11の造りが好きな私としてはスルーするわけにはいきません!ということで入手予定リストにこれを追加。まだ大分先のことではありますが、リリースが楽しみなモデルのひとつとなりました。

そういえば1/400のB747フラップダウンモデル、B787のディオラマモデル2種も入手済みではありますが、拙サイトは元々更新頻度が低いことに加え、ミリタリーモデルのレビューを優先するものですからこういったモデルが日の目を見ることがなかなかありません(私の場合、レビュー=開封ですので)。

手持ちの民間機にもう少し光を当ててもいいのではないか、そう思った2013年元旦の夕刻でありました。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=200
Page Top ▲

 

CORGI Aviation Archive Catalogue

Posted by Ken at November 28,2012

CORGIのカタログを眺めるのが好きです。今私が持っているのは1998年~2008年版。特に好きなのは2000年代初頭のカタログ。お気に入りのTORNADO、E.E.LIGHTNINGもこの頃の金型です。

▲ The Aviation Archive の歴史はここから始まりました(1998年下半期カタログ)

▲ カタログを眺めていると欲しくなってくるモデルが多々あり

現在これらはすべて生産中止となっており、入手困難なシロモノばかり。手に入れようと思えばそれなりに時間とお金をかけなければいけません。

カタログ中には私の物欲を激しく刺激するモノがあり(汗)、それに抗うことが出来ずeBayで入手することもたびたび。

▲ AA33402 Sikorsky SH-3D Sea King USN 1969 Apollo Recovery Diorama Set

人類を初めて月に送り届け、無事地球に帰還、着水したアポロ11号。これを回収するSH-3D SEA KINGのディオラマです。

これは以前から欲しかったモデルのひとつでした。機会を見てレビュー出来れば、と思っています。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=199
Page Top ▲

 

Corgi Catalogue January - June 2013

Posted by Ken at November 24,2012

CORGIブランド2013年上半期のカタログが出ました。Aviation Archiveの動画がYouTubeにアップされています。まずはこちらをどうぞ。



この中で私が気になったのは冒頭のBf109G-6(新金型)。モデルは試作品でしょうか、良好なアウトライン、適切なギア取付角度、巧みなパーツ割、繊細なモールド、実機に近い塗装の質感と適度なウェザリング等々、これまでにリリースされてきた1/72スケールBf109G型モデルの決定版となりそうな予感がします。

皆さんはどのモデルが気になりましたか?

以下、CORGI公式サイトの商品ページとなります。
Category Tag: New_Model
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=198
Page Top ▲