Home > BLOG Root

I watched a new movie made by Studio Ghibli.

Posted by Ken at July 27,2013

ジブリアニメ「風立ちぬ」、レイトショーで妻と鑑賞してきました。

その映像表現は美しく、またダイナミックなモーションには目を引かれました。このあたりは流石ジブリ。

しかしながらその内容は、虚実が入り混じった反戦左翼アニメでした。

堀越二郎には直接左翼的な発言はさせずに、周りの状況やキャラクターの台詞に「当時の日本は軍国主義=悪」というメッセージを随所に織り込ませ、鑑賞者に刷り込むような仕掛けになっていました。

当時の世界情勢、日本のおかれた状況には一切触れずに。これは左翼映画の常套手段ですね。

それよりも私が許せなかったのは虚実を巧妙に織り交ぜて、「どこまでがノンフィクションでどこからがファンタジーなのか?」が航空史をあまり存じない一般の鑑賞者にはわかりにくくなっていたところ。

純粋な恋愛映画としてみれば(本来の風立ちぬの部分のみであれば)よい物語だったと思うのですが、でっち上げられた堀越二郎の人物像が酷くて途中で席を立ちたくなったほどです。その姿はまるでラピュタのパズーのごときもの。そりゃないですよ、宮崎監督(苦笑)。

妻に「実際はこうだったんだよ」と話をしたら、「えーっ、全部実話だと思っていた、感動を返せー」と。堀越氏のご遺族の方はこの映画を観てどう思うのでしょうか?

ちょっと救われたのが、アンノ監督の台詞棒読みが思ったほど酷くなかったこと。でもちゃんとした声優さんを使って欲しかったところです、ここは・・・。

なんだかいろんな意味で残念なアニメ映画でした。


P.S.
宮崎監督のこれまでの功績と政治思想は分けて考えたほうが精神衛生上よさそうです。

P.S.2
「零戦賛美の映画を作った」という韓国の頓珍漢な批判に対して監督は「当時、飛行機を作ろうと思ったら、軍用機を作るしかなかった。」と弁解していますが、軍用機を作ることに対して疚しさを感じるからそういう発言になってしまいます。誇りをもって戦闘機を作り、それを正しく運用していけばいいだけの話です。

骨の髄まで染み込んでいる左翼思想から監督が解放されることはなさそうです…。
Category Tag: Anime
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=216
Page Top ▲

 

Gripen NG Video

Posted by Ken at July 15,2013

スウェーデンの守護神、空飛ぶ獅子。サーブ社の公式チャンネルより映画チックなグリペンPRビデオです(再生時間:7分30秒)。



冷戦時代は中立政策を維持してきたスウェーデンですが、現在ではこれを放棄しています。その独特の用兵思想から、戦闘機は道路から離発着できるよう設計されています。

世界は美しいけれど、暴力に満ちている。愛を叫んでもそれを護る実行力がなければ無意味。世界各国は自分の国は自分で護る努力をしています。
Category Tag: Real_Plane
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=215
Page Top ▲

 

1/200 YS-11 Prototype by ANA TRADING

Posted by Ken at July 07,2013

全日空商事「YS-11 日本航空機製造 試作1号機 初飛行時 1962年8月30日 JA8611」のレビューをアップしました(2012年11月リリース、1/200スケール、限定1000個 [品番:YS21155] )。

▲ 本商品にはコンクリートエプロンを再現したディオラマベースが付属

▲ 初飛行当時(1962年8月)の主翼上反角を再現

▲ 試作機の特徴である整流フィレットのないナセルと小さめのエルロンを再現

本商品では量産機との違いがしっかりと再現されており、マニアにとっては嬉しいこだわりのモデルとなっています。

★レビュー詳細は下記リンク先よりどうぞ。
[モデル・レビュー Model Review]
1/200 NAMC YS-11 1st Flight -August 30,1962 by ANA TRADING
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=214
Page Top ▲

 

Acrylic Cube for Photo Shooting or Display

Posted by Ken at June 26,2013

ミニスケール・モデル撮影用にアクリル・キューブを購入しました。

▲ Acrylic Cube for Photo Shooting

アクリル・キューブは、縦4cm × 横5cm × 奥行き10cm という大きさで、製作をプロ(アクリル加工業者)に依頼しました。

▲ ex. YS-11 Photo Shooting

先日レビューしたYS-11もこのキューブを使って撮影しました。ミニスケール・モデルはその小ささゆえに底上げした状態で撮影したほうが良い場合があるので、そのような時にこういったアイテムが活躍します。

撮影後は、単純なディスプレイ・ベースとしても使用可能です。

かかった費用は以下のとおり。

代金(税込): 3,159円
送料(税込):  840円
----------------------
合計(税込): 3,999円

少々お値段ははりますがその分丁寧に仕上げられており(磨き仕上げの価格も入っています)、高級感があります。チープなモノはいやだったので、奮発してみました。

モデル撮影時、またはディスプレイベースとして重宝することになりそうです。

【製作を依頼したアクリル業者さん】
Category Tag: Photo
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=213
Page Top ▲

 

Planes of Fame's A6M5 at Tokorozawa 2013

Posted by Ken at June 26,2013

所沢航空発祥記念館にて期間限定公開中の「零式艦上戦闘機52型」を見学してきました(2013年6月15日)。

▲ Planes of Fame's A6M5 at Tokorozawa Aviation Museum 2013

本機は米カリフォルニア州にある民間航空博物館「プレーンズ・オブ・フェーム」から貸与されたもので、世界で唯一、オリジナルの栄エンジンで飛行可能な機体です。

過去に2度来日し飛行を行っている有名機ですから、ご存知の方も多いのでは。

日本が世界に誇る名機「零戦」。長年想い慕ってきたマシーンとの対面は感慨深いものがありました。

★展示の様子をアップしました。よろしければ覗いていってください。
[実機写真集 Real Plane Gallery]
Real Plane Military
Category Tag: Real_Plane
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=212
Page Top ▲