Home > BLOG Root

1/72 Scale "Hien" Diecast Model by WARMASTER

Posted by Ken at September 23,2013

新興メーカーWARMASTERが1/72ダイキャストモデル「飛燕」をリリース。 これは同スケールではIXO、Oxfordに続くものとなります(日本での発売は2013年7月)。

▲ 特徴あるマダラ迷彩を程よく再現しており好感が持てます。

仔細に見ればアラもありますが、全体的な雰囲気はなかなかのものです。 既にリリースされているIXOやOxford製品と比較してみるのも一興かと思います。

詳細レビューは下記リンク先よりどうぞ。

本モデルをレビューするにあたり、参考にしたのが大日本絵画発行「飛燕戦闘機隊~帝都防空の華、飛行第244戦隊写真史~」です。

菊池俊吉氏の鮮明な写真に櫻井氏の詳細な解説が付き、多くの気づきを得ることが出来ます。横山氏のモノクロ写真への彩色も、雰囲気たっぷりで見ごたえがあります。

大東亜戦争末期、押し寄せるB-29の大群を相手に絶望的な戦いを強いられた日本。その防空の矢面に立って果敢に戦い、そして散っていった戦士たち。本書を見ていると、彼らに対する鎮魂の想いがふつふつと沸いてきます。

▲ 本モデルの搭乗者「鈴木正一伍長」。1945年2月16日の空戦にて戦死(合掌)。

本土防空戦に関する資料を探していたら、たまたま以下の動画を見つけました。昭和20年に青梅市柚木町の山中に墜落したB-29をめぐる秘話。秀逸なドキュメンタリーです。お時間のある方はぜひご覧になってみてください(再生時間:10分00秒)。

Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=222
Page Top ▲

 

Airmodel Collection Storage

Posted by Ken at August 27,2013

実家にあるエアモデルを急ぎ整理しないといけなくなりました。手っ取り早いのは全て処分することですが流石にこれは厳しいものがあります。かと言って手狭なアパートに持ってくることは出来ませんし・・・。

というわけで、貸し倉庫の利用を今真剣に考えています。なんといっても暑い沖縄のこと、屋外コンテナは選択肢から排除、管理がしっかりしていて尚且つリーズナブルなサービスを選んだ結果、下記業者にたどりつきました。

[外部リンク External Link]
トランクルームの押入れ産業

利用するのは「トランクルーム」サービス。これはモノを収容したコンテナを屋内(倉庫内)で管理するタイプのサービスです。沖縄地区は月額7,350円(※)。

※113cm(幅)×138cm(奥行)×144cm(高さ)のコンテナを1つ利用した場合の金額。

▲ コンテナは倉庫内にて常温で管理されます。

コンテナ内の温度や湿度がどれくらいに保たれるか確認をして、それが納得できるレベルのものであれば、利用しようと思っています。期間は半年ほど。イタイ出費です。

系統立てて何かを集めるコレクション癖のある人にはストレージ・スペースの確保は永遠の課題です。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=221
Page Top ▲

 

10th Anniversary of airmodel.jp

Posted by Ken at August 27,2013

私がこのサイトを立ち上げてから今月の13日で10年目を迎えました。途中1年ほど休止したこともありましたが、気づいてみれば早10年。我ながらよく続けてこられたなあと感慨深いものがあります。

▲ 趣味の模型サイト「ダイキャストモデルの誘惑」TOPページ(公開直後)

10周年を記念して、上記サイトを当時のまま公開することにしました。ただし今月末までの限定公開です。Googleにクロールされないようベーシック認証をかけています。ご覧になりたい方は下記リンク先をクリック後、IDとパスワードを入力して先に進んでください(2013年9月1日、サイト公開終了しました)。


念のためお断りしておきますが、上記サイトはあくまでも2003年8月時点のものです。稚拙なデザイン、少ないレビュー、既に閉店されたショップがあったり、一部理解の足りない記事があったり、至らないところが多々あります。

でもこのスタートがあったからこそ、今のこのサイトがあります。どうぞご笑覧ください。

ヒコーキ模型が私の癒しであり、また節度あるコレクターさんとの交流がある限り、このサイトはカタチは違えどきっと10年後も続いている、そんな気がしています。

どうかこれからも末永くお付き合いのほどを。
Category Tag: Diary
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=220
Page Top ▲

 

CORGI AA39602 Hawker Demon

Posted by Ken at August 21,2013

1/72スケールダイキャストモデル、ホーカー・デーモンをレビューすべく、鋭意編集中です。久々のCORGI製品となります(リリースは2013年3月)。

▲ 良くも悪くもCORGIらしい造りとなっています。

▲ 化粧箱の表面。CORGI製品はそのパッケージも魅力のひとつです。

▲ 化粧箱の裏面。

▲ Corgi Collector Club 入会の案内。見ているだけで楽しくなります。

今週末(8月25日頃)レビューの予定です。よろしければ覗いていってくださいまし。

【2013年8月25日追記】レビューをアップしました。下記リンク先よりどうぞ。

以下、YouTubeにアップされていた動画です。デーモンの軽快な飛びっぷりにほれぼれします。
カメラワークも最高です(再生時間:4分34秒)

Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=219
Page Top ▲

 

ASF-X SHINDEN II "Kei Nagase COLOR" by Hasegawa

Posted by Ken at August 06,2013

ヤフオクにてプラモデル完成品を落札しました。ハセガワ製プラモデル「エースコンバット 震電II ケイ・ナガセ カラー」です。

▲ ASF-X SHINDEN II "Kei Nagase COLOR" by Hasegawa

▲ マクロスの「河森 正治」氏デザインの機体です。

▲ ゲームはしませんが、このデザインのカッコよさに惹かれました。

▲ エンジンは2基で縦積み、エアインテイクは機首両脇とコクピット後方に配置。

▲ カナード、前進翼、尾翼のスリーサーフェス形態、でしょうか。

▲ 付属のスタンドで飾ることも出来ます。角度はピッチのみ変更可。

▲ ギアは駐機/飛行状態のいずれかを選択しなければなりません。

▲ SSCモード(※)にしたところ。主翼端を差し替え、尾翼を内側に傾けます。
※SSCモード:ステルス・スーパー・クルーズ・モード

▲ このあたりはマクロス・プラス登場機を彷彿とさせるメカニズムです。

▲ パネルラインに沿った細かな塗り分けをデカールで表現しています。

▲ パイロットフィギュアの造形は緻密で、キレイに塗り分けられています。

▲ ゲーム「エースコンバット」に登場する架空機のご紹介でした(1/72スケール)。

このような完成品を眺めていると自分でも作ってみたいなーと思うのですが、如何せん今現在の居住環境では叶わぬ夢。

シンナー臭がせず、かつ塗膜の強い塗料が開発されれば、あるいは製作も可能なのかもしれません。今はおとなしく機会を待つことにします。

Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=218
Page Top ▲