Home > BLOG Root

【ブック・レビュー】 フォッケウルフFw190 その開発と戦歴

Posted by Ken at December 09,2008

ハードカバー544頁、写真や図版を多用し、圧倒的な情報量を持つ本書。

原書はフランス語で書かれ、世界中のマニアから高い評価を受けたというだけあって、その内容の濃密さに唸らされます。


設計者クルト・タンク教授の序文に始まり、その誕生から終焉まで、年代順にフォッケの一生が詳細に綴られていきます。

メカに関する記述と戦闘詳報で章が分けられているわけではなく、しかも索引がないので、後で記事を参照する時にちょっと困ってしまいます(何せ、頁数が多いものですから)。

そこで私の場合、気に入ったところ(気になったところ)に付箋紙を貼り付けたり(そこに参照先として別書の頁数を書込んだり)、いくつかピックアップして別紙にまとめる、などして本書を活用してます。

稀代の名機フォッケウルフ Fw190。本機に興味を持つ者にとって本書はまさに「フォッケ事典」というべきもの。じっくり時間をかけて読むのもよし、また時々本棚から取り出して拾い読みするのもよし。ということで、本書を上手に活用されて下さい。

ディテール集や塗マモノと併せて読むと完璧かも?

★フォッケウルフFw190 その開発と戦歴
1999 大日本絵画
ジャン=ベルナール フラッペ, ジャン‐イヴ ローラン(共著), 小野 義矩(訳)
Category Tag: Media
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=71
Page Top ▲