Home > BLOG Root

★よみがえる空 -RESCUE WINGS

Posted by Ken at September 20,2008



「よみがえる空 -RESCUE WINGS」というアニメがあります。2006年1月8日から3月26日にかけてテレビ東京系、AT-Xにて深夜放送されたものです。

ドラマの舞台は、航空自衛隊小松基地・航空救難団。警察や海上保安庁が対応できない時に出動要請がかかる“航空救難最後の砦”。そんな舞台設定の中、時には傷つき、挫折しながらも、次第に任務にやりがいを見出していくF転(※)パイロットの物語です。

※戦闘機パイロットから、救難機や輸送機などのパイロットへ転勤すること

そのドラマの中核を担うメカがUH-60J。


▲米シコルスキー社が開発したターボシャフト双発の汎用ヘリ、ブラックホークを
ベースとした救難ヘリコプターです。


▲写真の模型はタカラトミー「日本沈没D2計画篇」の食玩でスケールは1/144。
ディオラマベース・スタンド付きで邦画「日本沈没」のワンシーンを再現したものと
なっています(こちらは未見なので、機会があれば鑑賞してみます)。


▲「よみがえる空」は前々から興味があり、観てみたいと思っていたのですが、
私の住む地域では地上波放送されなかったのでネットでの鑑賞となりました。

That others may live
他を生かすために


オープニング最後に出てくる言葉。これは救難隊の任務を端的に表しています。

ロボットも派手な戦闘シーンもない「航空救難」という地味な題材を扱った作品ですが、リアルな描写と表現、淡々とした日常とハードな救助活動のコントラストが小気味良く、また人間ドラマに主軸が置かれた、心に染み入るいい作品でした。

全く不満がなかったといえば嘘になりますが、丁寧な構成と、圧倒的な表現力の前には ささいなことに思えてきます。また、過酷な任務を黙々とこなす自衛隊員への製作者側の尊敬の念を劇中から感じ取ることが出来ます。

「航空自衛隊と救難隊のことを知ってほしかった」という杉山プロデューサーの熱い想いは、きっと多くの人の胸に届いたことでしょう。

さてこのアニメ、実写化もされるそうです。

映画「空へ~救いの翼~」公式サイト

12月公開ということでこちらにも期待が高まります。


【関連リンク】

よみがえる空 -RESCUE WINGS 公式サイト
バンダイチャンネル(ネット配信サイト、1話のみ視聴無料)

※第1話は非常に地味な内容ですのでこれだけを観て、「な~んだ、コレ」と視聴を止めずに、ぜひ続けて観て欲しいです(個人的にオススメなのは第6、7、11、12話)。
Category Tag: Anime
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=67
Page Top ▲