Home > BLOG Root

Play with Macross Toy (from Gerwalk to Battroid)

Posted by Ken at October 14,2013

やまと製マクロス・トイ「VF-1Sロイ・フォッカー機ウェザリングバージョン」で久しぶりに遊んでみました。

▲ マクロスの可変戦闘機「VF-1Sバルキリー」の「ガウォーク」形態です。


▲ 精密かつプレイ・バリューある造りとなっています。


▲ どの角度から見ても破綻なくまとまっています。


▲ ガウォークからバトロイドへの変形にはコツが必要です。バトロイド時には股関節を機首に収納しますが、上手く嵌らず泣きそうになりました。ここが最大の難所です。


▲ 格闘すること15分。ようやくコツを掴み目出度くバトロイド・モードへ!


▲ この角度から見ると胴体内は結構スカスカなんですよね。


▲ あらためてこれは空想の産物なのだと再認識しました。


▲ 変形途中で、パーツがポロリ。こ、これはどこにくっ付くの?

CADによる新設計、1/48シリーズからのフィードバックなど旧1/60シリーズから格段に進化を遂げた「やまと1/60完全変形VF-1シリーズ」。マクロス・トイを語るとき欠かすことの出来ないエポック・メーキングなトイです(本商品は2010年6月の発売)。

さて、スケールモデルのレビューに戻ることにします。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=225
Page Top ▲