Home > BLOG Root

I watched a new movie made by Studio Ghibli.

Posted by Ken at July 27,2013

ジブリアニメ「風立ちぬ」、レイトショーで妻と鑑賞してきました。

その映像表現は美しく、またダイナミックなモーションには目を引かれました。このあたりは流石ジブリ。

しかしながらその内容は、虚実が入り混じった反戦左翼アニメでした。

堀越二郎には直接左翼的な発言はさせずに、周りの状況やキャラクターの台詞に「当時の日本は軍国主義=悪」というメッセージを随所に織り込ませ、鑑賞者に刷り込むような仕掛けになっていました。

当時の世界情勢、日本のおかれた状況には一切触れずに。これは左翼映画の常套手段ですね。

それよりも私が許せなかったのは虚実を巧妙に織り交ぜて、「どこまでがノンフィクションでどこからがファンタジーなのか?」が航空史をあまり存じない一般の鑑賞者にはわかりにくくなっていたところ。

純粋な恋愛映画としてみれば(本来の風立ちぬの部分のみであれば)よい物語だったと思うのですが、でっち上げられた堀越二郎の人物像が酷くて途中で席を立ちたくなったほどです。その姿はまるでラピュタのパズーのごときもの。そりゃないですよ、宮崎監督(苦笑)。

妻に「実際はこうだったんだよ」と話をしたら、「えーっ、全部実話だと思っていた、感動を返せー」と。堀越氏のご遺族の方はこの映画を観てどう思うのでしょうか?

ちょっと救われたのが、アンノ監督の台詞棒読みが思ったほど酷くなかったこと。でもちゃんとした声優さんを使って欲しかったところです、ここは・・・。

なんだかいろんな意味で残念なアニメ映画でした。


P.S.
宮崎監督のこれまでの功績と政治思想は分けて考えたほうが精神衛生上よさそうです。

P.S.2
「零戦賛美の映画を作った」という韓国の頓珍漢な批判に対して監督は「当時、飛行機を作ろうと思ったら、軍用機を作るしかなかった。」と弁解していますが、軍用機を作ることに対して疚しさを感じるからそういう発言になってしまいます。誇りをもって戦闘機を作り、それを正しく運用していけばいいだけの話です。

骨の髄まで染み込んでいる左翼思想から監督が解放されることはなさそうです…。
Category Tag: Anime
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=216
Page Top ▲