Home > BLOG Root

AR196 Review by Collector "Y"

Posted by Ken at February 20,2012

コレクターYさんによる、OXFORD社製 Arado AR196モデルレビューをご本人の許可を得てここに掲載致します。

以下、レビューとなります。
OXFORDのArado AR196が届いたので紹介します。う~ん・・・エアモデルの出来としては100点満点中65点と言ったところですが、私的には気に入りました。

▲ Arado Ar196 Kreigsmarine 2./SAGr.125 by Oxford Aviation 1/72 Scale Die-cast Model

画像を御覧いただければお解かりいただけますが、実機の可動部以外の多くが凸モールドとなっていて、最新のモデルですが時代遅れです(^^;)。凸モールドはシャープな線が多く、それほど浮き上がっては見えませんが・・・。

▲ Outline of Arado Ar196

他の欠点は特徴のあるカウルにもろにパーティングラインとゲート(溶けた材料が製品部に流れ込む入り口)がある事と、機首の凸モールドが大き目なところです。ゲートはカウル側面の欠けて見えるところですが、形状的にもコスト的にも仕方無いところでしょうか。この機の一番の見所なのでもう少し何とかして欲しかったですね。ただ、画像で拡大して気になる程度で、現物は目立たないのが救いです。

▲ Around the cowling

他にはキャノピー後部の機銃のがふっくらしていたりします(笑)。機外からまともに見える銃なので、もうちょっと・・・。塗装とマーキングはかなりしっかりしていて、HMと同レベルで、色調はコーギーに似てます。

▲ Swastika on the tail & paintings are good, but the gun looks very poor.

全体としては、機体のデザインのおかげかカラーリングのおかげか、凸モールドがあまり気にならず、私的には合格点となり、気に入った1機となりました。この造りを単葉の戦闘機とかにされたら幻滅ですけど・・・。

ケンさんから見ると許せない部分が多くあるはずですね(^^;)
画像から御判断いただけるご意見お待ちします。
以上、コレクターYさんによるAR196レビューでした。

お写真をじっくりと拝見させていただくと、確かに「う~ん」な感じではありますが、塗装がとても良いように見えました。垂直尾翼にもちゃんとスワスチカが描いてありますし(これ、ポイント高し)。

それにしても、凸モールドというのがスゴイ(笑)。一昔、いえ、二昔前のプラモデルのようです、まるで。

とはいえ、モデル全体から醸し出される雰囲気が良く、欲しくなるモデルです。
Category Tag: Review
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=187
Page Top ▲