Home > BLOG Root

★生理的なレベルでの爽快感

Posted by Ken at July 19,2009

アニメーションのマクロス・シリーズが好きです。とはいっても熱心なファン、というわけでもないのですが。

1982年のTV放送「超時空要塞マクロス」から始まった一連のシリーズは劇場版、OVA、ゲーム等と様々に展開、進化してきました。

この世界観を語る上で欠かせないのが Variable Fighter(可変戦闘機)というメカ。

Fighter(飛行形態)→ Gerwalk(中間形態)→ Battroid(ロボット形態)

と状況に応じて姿を変える(変形する)のが最大の特徴で、最初から玩具化することを前提にデザインされたものですが、実機(F-14)のテイストを取り入れたことでリアリティが増すことになりました。


以下、YouTubeで拾ったきた「20周年記念映像(2002年制作)」です。3DCGを駆使した新作映像をハードなサウンドに乗せたクールなものです。無数のミサイルをかわすバルキリーのマニューバに目を回すこと請け合いです(笑)。




お次は、歴代可変戦闘機がエアロバティック・チームよろしく華麗な飛行を披露する "All That VF"(25周年記念映像)。動画をアップされた方が独自に「エース・コンバット」のBGMを付けて編集したものです。コレ、かなりイケてます。




これらの動画を観て気付いたのですが、鑑賞者の感覚にインパクトを与える表現というのは、必ずしも形態や動作の忠実な再現ではないのですね。

CGとは言え、かなりデフォルメされていて(モーションが)、それが生理的なレベルで爽快感を生み出すことにつながっています。

こういったモノを見ると立体物(模型)が欲しくなってくるのですが、今は我慢であります。この領域に足を踏み入れてしまうと、破産してしまうこと間違いなしですから(滝汗)。

たまには「なんちゃって航空機」もいいのではないでしょうか、というお話でした。
Category Tag: Anime
Permalink: http://blog.airmodel.jp/?eid=101
Page Top ▲